メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

地味にスゴい、三鷹には「目利き」劇場がある

若手劇団の背中を押し、たんたんと20年

山口宏子 朝日新聞記者

劇場セレクションから受賞者続々

三鷹市芸術文化センター拡大三鷹市芸術文化センターの外観=東京都三鷹市上連雀

 新宿駅から中央線で三鷹駅へ、そこからバスか徒歩で南へ1・3キロ。「三鷹市芸術文化センター」は、東京の劇場としては、交通至便とはいえない場所にある。中小二つのホールと会議室などを備えた、普通の公共施設だ。

 だが、一見地味なこの劇場、実はすごい「目利き」である。

 ここでは毎年、若手を中心に、「これから」という演劇集団を招く、「MITAKA “Next” Selection」を開催している。下北沢でも渋谷でもなく、新宿でも池袋でもない、三鷹からの発信。それが今年、20回の節目を迎えた。

 特に「20年」をうたうこともなく、「 “Next” Selection」は例年通り、たんたんと始まったが、その歩みは充実している。参加した作り手からは、演劇界の芥川賞とされる岸田國士戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、紀伊国屋演劇賞などの受賞者が続々と生まれ、近年の演劇界の中核を支える多くの才能が、三鷹経由ではばたいているのだ。

 例えば2004年に参加した3団体。「ONEOR8(ワン・オワ・エイト)」で劇作・演出を担当する田村孝裕(1976年生まれ)は、劇団活動の一方で、藤山直美、高畑淳子、中井貴一らスター俳優が主演する大規模な舞台の脚本・演出を次々と依頼されている実力派。「ポツドール」を主宰する三浦大輔(75年生まれ)は、人間の赤裸々な欲望を描いて評価が高く、06年に『愛の渦』で岸田賞を受賞。松坂桃李主演の映画『娼年』(18年)の脚本・監督など映像でも活躍する。

 04年に岸田賞を受賞した「ペンギンプルペイルパイルズ」主宰の倉持裕(72年生まれ)も、多くの舞台を作・演出。14年『わたしを離さないで』(蜷川幸雄演出)の脚本や19年『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹原作)の演出、劇団☆新感線への戯曲書き下ろしなど、多方面で力を発揮している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口宏子

山口宏子(やまぐち・ひろこ) 朝日新聞記者

1983年朝日新聞社入社。東京、西部(福岡)、大阪の各本社で、演劇を中心に文化ニュース、批評などを担当。演劇担当の編集委員、文化・メディア担当の論説委員も。武蔵野美術大学非常勤講師。共著に『蜷川幸雄の仕事』(新潮社)。

山口宏子の記事

もっと見る