メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

佐野勇斗インタビュー/上

『里見八犬伝』、僕自身が心を動かされて演じる楽しみが増した

真名子陽子 ライター、エディター


 アクションエンターテインメントの傑作、スペクタクル時代劇『里見八犬伝』が10月14日に、原作『南総里見八犬伝』ゆかりの地である千葉県館山市の千葉県南総文化ホール大ホールで開幕します(東京、大阪、福岡、愛知、東京凱旋公演へと続く)。2年5カ月ぶり、4度目の上演となる本作はキャストが一新され、佐野勇斗さんが舞台初主演で犬塚信乃役に挑みます。ほかに、松田凌さん、岐洲匠さん、神尾楓珠さん、塩野瑛久さん、上田堪大さん、結木滉星さん、財木琢磨さんら若手注目俳優が集結し、壮大な歴史ドラマを彩ります。

 主演を務める佐野勇斗さんにお話を伺いました。初主演を担う気持ちや作品の感想、前回同役を演じ事務所の先輩でもある山﨑賢人さんとの関係、難しいと言う役者という仕事についてなど、21歳の等身大の思いを語ってくれました。

いろんな角度からいろんなアプローチができる

拡大佐野勇斗=岸隆子 撮影

――主演と聞いたときはどう思われましたか?

 やはり最初は戸惑いました。長く上演されてきた歴史ある作品ですので、ファンの方もたくさんいらっしゃると思います。そんな大きな作品の主演を任されるということでプレッシャーもありますし、果たして演じきれるのか……不安もありました。けれど今は、がんばって自分なりの犬塚信乃を創ろうと思っています。

――この作品の印象は?

 前回、山﨑賢人さんが犬塚信乃を演じられた舞台を観させていただいたんですが、常に殺陣をしながらセリフを叫ぶように発しているので、すごいパワーを感じました。自分がやると決まったときに、あの舞台を何公演もするんだ、大変だなと(笑)。そこから資料映像を見て、賢人くんが言ってるセリフを復唱してみたり……。殺陣のスピードや物語の展開も早いので、その感覚に早く慣れないといけないなと思っています。

――どんな作品にしたいと思っていますか?

 キャストが変わるので役のテイストも変わってくると思うのですが、お客さまに届けるということは一貫しています。台本を読んだときに、僕自身が心を動かされて演じる楽しみが増したんです。この作品で人の心を動かしたい、感動を与えたいという気持ちが強くなったので、キャストのみんなと力を合わせて、観に来てくださった方に何か伝えられる舞台にしたいなと思っています。

拡大佐野勇斗=岸隆子 撮影

――どんな風に心を動かされたのでしょうか?

 僕自身が感じたことは、人はなぜ生きているのか? 生きていくために人はなぜ辛いことを経験しなければいけないのか? 具体的な悩みは人によって違いますけれども、人それぞれ大なり小なり悩みがあって、その中でみんな必死にもがいて生きていると思うんですね、この現代で。でも、自ら死を選んでしまう方もいる……そういった社会的な問題も描かれていてとても深いお話ですので、いろんな角度からいろんなアプローチができるんじゃないかなと思っています。共感していただけるところもあると思いますし、最終的には前向きにがんばっていこうと思えるお話になっています。僕も悩むことはありますが、台本を読んですごく勇気づけられたので、お客さまにも勇気を持ってもらえる作品になるんじゃないかなと思います。

◆公演情報◆
『里見八犬伝』
館山:10月14日(月・祝) 千葉県南総文化ホール 大ホール
東京:10月17日(木)~10月21日(月) なかのZERO 大ホール
大阪:11月2日(土)~11月3日(日) 梅田芸術劇場メインホール
福岡:11月12日(火) 福岡サンパレス
愛知:11月23日(土・祝)~11月24日(日) 名古屋文理大学文化フォーラム 大ホール
東京凱旋公演:11月30日(土)~12月8日(日) 明治座
公式ホームページ
[スタッフ]
脚本:鈴木哲也
演出:深作健太
[出演]
佐野勇斗、松田凌、岐洲匠、神尾楓珠、塩野瑛久、上田堪大、結木滉星、財木琢磨 ほか

〈佐野勇斗プロフィル〉
 2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー。同年、ボーカルダンスユニットM!LKとしてもCDデビューを果たす。2018年に公開した映画『ちはやふる -結び-』で第28回日本映画批評家大賞の新人男優賞(南俊子賞)を受賞。現在公開中の映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』など映像作品を中心に活躍中。
公式ホームページ
公式instagram 

・・・ログインして読む
(残り:約606文字/本文:約2427文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る