メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

阿部サダヲ演じる『いだてん』田畑政治の敗戦直後

戦争への痛切な責任と新たな出発

前田浩次 朝日新聞 社史編修センター長

 NHK大河ドラマ『いだてん』の主人公、田畑政治( 1898~1984 ) 。戦争では、水泳の道を断たれたばかりか、記者としても真実を伝えられなくなっていた。10月6日の放送では日米開戦のシーンで、阿部サダヲ演じる⽥畑が、緒⽅⽵⻁( リリー・フランキー) に「ウソでも喜べ」と促されて、憮然( ぶぜん) とした顔で万歳する場面があった。では、敗戦後、実際の田畑は朝日新聞社の中で、どんな活動をしていったのだろうか。朝日新聞の社史編修センター長、前田浩次が、史料をもとに、ドラマでは描かれない、敗戦直後の田畑の姿を追う。

1945年10月、田畑の笑顔の写真

田畑政治拡大1945年10月に撮影された〈〝新しい朝日〟を祝ってショウチュウの乾杯〉の写真。朝日新聞社内報「朝日人」の67年(昭和42)10月号に掲載された

 〈昭和20年10月23日夜 〝新しい朝日〟を祝ってショウチュウの乾杯〉

 そう説明を付けた一枚の写真が、朝日新聞の社内報「朝日人」の1967年(昭和42)10月号に載っている。

 これに田畑政治が写っているようだ。

 前列真ん中の背広の人物の左側、白シャツに白っぽいズボンで、手にコップを持ち、笑っている姿である。「朝日人」には、写真とともに「乾杯」の場面が描写されている。

 みんな戦争中の栄養失調で痩せてはいるが、カストリ焼酎のグラスをあげて意気軒昂たるものである。……(中略)……全首脳は退陣せよと、東京、大阪、西部の全社員が一週間にわたって戦い続けてきた要求が全面的にいれられた時である。いわば新しく生れ変った新生朝日の誕生を祝う勝名乗りであり……(中略)……顔ぶれは左から右へ加藤祇文、その後ろに佐々弘雄、手前の白シャツは岡一郎、そのカゲにヒタイが見えるのは本多助太郎? 右へ田畑政治、聴濤(きくなみ)克巳、白川威海、香月保、遠山孝、福井文雄。二列目は(田畑の後方に)長谷川健一、その右が茂貫正人、その後ろに江幡清……(後略)

 田畑政治の笑っている写真は、そう多くないのではないか。

 ということもあって、この写真が田畑であることを即座には断定できなかったが、しかし、名前が挙げられている人々は皆、複数の社員写真帳で照合確認できたし、田畑自身も左右の眉毛の特徴は一致しているようだ。なにより、この写真と思い出を寄せているのは、一緒に写っている茂貫氏である。

 この群像は、文章にあるように、ある闘争の仲間たちだった。しかし労働組合ではない。

 人々の当時の肩書は、加藤が東京・東亜部長、佐々が論説主幹、岡が西部・整理部長、本多が東京・通信部長、田畑は東京・編輯(へんしゅう)局次長、聴濤は論説委員でこの時は社員代表委員会委員長になっていた。白川は取締役で西部・編輯局長、香月は大阪・編輯局長、遠山は東京・写真部長、福井は前の東京・欧米部長……こうした局長、部長たちが社員たちと共に運動していたのは、戦争時に首脳陣だった者たちの退陣要求だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田浩次

前田浩次(まえだ・こうじ) 朝日新聞 社史編修センター長

熊本県生まれ。1980年入社。クラシック音楽や論壇の担当記者、芸能紙面のデスクを経て、文化事業部門で音楽・舞台の企画にたずさわり、再び記者として文化部門で読書面担当とテレビ・ラジオ面の編集長役を務めたあと、2012年8月から現職。

前田浩次の記事

もっと見る