メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大阪万博その1 笛吹男は収容所帰りの赤色浪曲師

【1】「世界の国からこんにちは」(三波春夫)

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

前口上
 故・赤瀬川原平、南伸坊、藤森照信氏らによる路上観察学会事務局をつとめて、四半世紀を超える。あるとき、そもそもなんでわれわれは出来立てほやほやのツルピカ町には惹かれず、行ったこともない古い路地裏に感動するのかがテーマとなったとき、藤森照信氏が、たまたま小屋を新調してもらったばかりの犬をとある〝しもた家〟の軒下に見つけて、いかにも建築史家らしい絶妙なコメントをはなった。あの犬は散歩のときにどこかの家の古びた犬小屋をみかけて、昔をなつかしむだろうか。そんな感情をもつのは人間だけだ、と。

 どうやら、行ったこともない、見たこともない、聴いたこともないのに、それを懐かしいと感じてさらなる生存の糧にできるのは、人間のみがもつ特性らしい。あの時、あの場所、あの唄を実体験しえた世代だけがその価値に共感するのではない。行ったことも見たことも聴いたこともない若い世代にとって、いや未だ生まれてもいない、これから生まれてくる世代にとっても、よりよく生きるための大いなる糧となる。ときに水や食料よりも。

 これを「遺産効果」という。 

 昭和が生んだ演歌にフォークにJポップ。明るい未来を夢見てひた走ってきた戦後日本の青春時代の「歌枕」。その知られざるエピソード、あるいは忘れさられてしまった秘話をたずねあて、〝昭和を知る同世代〟には失ってみてわかるほろ苦くも懐かしいグッドオールドデイズへのオマージュを捧げ、〝昭和なんか知らない世代〟には埋もれてしまった「価値」を掘り起して語り継ぎ、手渡したいと思う。

 では、いざ、「昭和歌謡遺産」を訪ねる時空の旅(タイムトリップ)へ!

拡大万博会場。この時代、外国人観光客の存在自体がまだ物珍しかった=1970年3月、大阪府吹田市

国民総動員歌のサブリミナル効果

 さて、第1回の昭和歌謡歌枕はどこにするか。北からはじめて南へくだるか。はたまた年代順でいくか。それとも日本の中心の中心である花の銀座からか、それとも日本の道の起点であるお江戸日本橋からか。いやいや、ここはやはり行き当たりばったり、♪行方定めぬ旅枕ならぬ歌枕、たまたまついでに立ち寄ったぐらいがかえって望外の成果があるものだ。というわけで、栄えある初回の昭和歌謡遺産の歌枕は、たまたま大阪に用事があったので、昭和45年(1970)に本邦初にしてアジア初の「日本万国博覧会」(略称「大阪万博」「EXPO'70」)の開催地となった大阪府は吹田の万博記念公園へ行くことにした。

拡大記念公園入口へのアプローチ脇にひっそりたたずむ記念碑と財界総理とよばれた万博協会長・石坂泰三の胸像。うっかりすると見落としそうになる。
拡大グッズのコンセプトはやはり岡本太郎の「太陽の塔」から

 今をすぐる半世紀前、広大なここ千里丘陵(約350ヘクタール)には、「人類の進歩と調和」をテーマに、日本を含む77カ国と4つの国際機関が参加。めざすは、高度経済成長を成し遂げ、アメリカに次ぐ経済大国となったことを誇らしげに世界にむかって発信する、昭和39年(1964)の東京オリンピック以来の国家的イベントであった。現在ここは公園となっているが、売店では様々な万博グッズが売られ、いまだ万博気分が生き永らえる不思議な時空間となっている。

 実は、ここを訪れるのは初めてである。ゆえあって、半世紀前に日本中を狂騒させたお祭りには参加しなかった。そのわけはおいおい語るとして、そんな私にも、万博というと一番に思い出されるのは、「♪こんにちは、こんにちは」を連呼するあの唄である。正式には「世界の国からこんにちは」という。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る