メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『いだてん』が描いた/描かなかった朝日新聞社

ドラマではコンパクトな田畑政治の職場も実は……

前田浩次 朝日新聞 社史編修センター長

 NHK大河ドラマ『いだてん』の番組最後のタイトル画面には、「このドラマは、史実を基にしたフィクションです」というおことわりが入っている。実名で朝日新聞社が描かれていた回に「新聞考証」とクレジットされた社史編修センター長の前田浩次は、ドラマの制作陣が史実を調査するのに協力したのだが、ドラマとしての創作の部分を「史実とは違う」とチェックしたわけではない。ただ、視聴した人たちから、いくつかの場面や出来事について、実際にはどうだったの? とよく尋ねられる。今回から、そうした「フィクションと史実」について報告する。

ドラマに出てきた社屋は一つ、でも、実は……

いだてん田畑拡大関東大震災前の東京朝日新聞社。左に2階建ての旧社屋が見える

 阿部サダヲが演じている朝日新聞の記者、田畑政治が入社した頃、東京朝日新聞社は、東京・銀座の瀧山町(現在の銀座6丁目)にあった。

 このビルは関東大震災で焼けたが、すぐに修理された。ドラマの田畑は、修理工事のさなかに、村山龍平社長と緒方竹虎の採用面接を受けていた。

 「いだてん」では、このビルを参考にしたセットで、東京朝日新聞社の編輯(へんしゅう)局や印刷部門を描いた。

 六角形に天板を加工した机が編輯局の中心にあり、その上にも床にも紙が散っている様子などは、まさに新聞社の風景だが、田畑が入社した時の社内は、実はもう少し広かった。ちなみにこの「六角机」、何人もが一つの机で仕事をするのに都合のいいデザインで、いまでも朝日新聞社内で使われている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田浩次

前田浩次(まえだ・こうじ) 朝日新聞 社史編修センター長

熊本県生まれ。1980年入社。クラシック音楽や論壇の担当記者、芸能紙面のデスクを経て、文化事業部門で音楽・舞台の企画にたずさわり、再び記者として文化部門で読書面担当とテレビ・ラジオ面の編集長役を務めたあと、2012年8月から現職。

前田浩次の記事

もっと見る