メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『エセルとアーネスト』プロデューサーに聞く

「この人々が実際に暮らしていたと感じて欲しい」

叶精二 映像研究家、亜細亜大学・東京工学院講師

岩波ホールで拡大上映劇場の一つ、東京の岩波ホール=撮影・筆者
 イギリスの長編アニメーション『エセルとアーネスト ふたりの物語』(2016年)が岩波ホールほかで全国順次公開中だ。岩波ホールで長編アニメーションが上映されるのは川本喜八郎監督『死者の書』(2005年)以来であり、手描きスタイルの作品は初めてだという。

 原作は『さむがりやのサンタ』(1973年)、『スノーマン』(1978年)、『風が吹くとき』(1982年)などで世界的人気を博すレイモンド・ブリッグズが、自らの両親の出会いから死別までを綴ったグラフィック・ノベル(1998年発行)。ブリッグズは本作のエグゼクティヴ・プロデューサーも務めた。

 物語は、20世紀のイギリスを慎ましく生きたごく普通の夫婦の日常を描く。

 1928年、牛乳配達のアーネストはメイドのエセルに恋をする。2人は結婚し、息子を授かる。ヒトラーの台頭から第二次大戦の苦難を乗り越え、戦後の経済成長期を経て、息子は独立して結婚。そして二人きりの老境を迎える。

 1971年に二人が死去するまで、英国現代史を背景に時々の政治や文化にまつわる日常会話が交わされる家庭生活が淡々と展開する。空襲に怯(おび)え、ラジオから流れるヒロシマ原爆のニュースに慄(おのの)き、自宅にやってきたテレビや乗用車に喜び、息子の嫁や辺境の新居を嘆く。我々と何ら変わらぬ夫婦の暮らしに隣人のように立ち会うことで、いつしか共感と愛しさを感じてしまう。

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016拡大『エセルとアーネスト ふたりの物語』 © Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

 本作の制作経緯や特徴、手描きの魅力をプロデューサーのカミーラ・ディーキン氏に伺った。

『エセルとアーネスト ふたりの物語』
原題/Ethel & Ernest
2016年/イギリス・ルクセンブルク/94分
監督/ロジャー・メインウッド
原作/レイモンド・ブリッグズ(バベルプレス刊)
音楽/カール・デイヴィス
エンディング曲/ポール・マッカートニー
キャスト/ブレンダ・ブレッシン、ジム・ブロードベント、ルーク・トレッダウェイ
岩波ホール(~11月1日(金))ほかで全国順次公開中
公式サイト 
カミーラ・ディーキン
映画やテレビ業界で25年以上のキャリアを持つクリエイティブ・プロデューサー。数多くのドキュメンタリーやアート番組を制作・監督した後、1999年に公共放送局チャンネル4の芸術音楽部門に入社。2002年、ルース・フィールディングと「ルーパス・フィルムズ」を創設。主な作品に『スノーマンとスノードッグ』(2012年)、「きょうはみんなでクマがりだ」(2016年)など。現在、無人島に住み着いていた旧日本兵とその島に流れ着いた英国人少年との交流を描いたマイケル・モーパーゴ原作『ケイスケの王国』の長編映画化を準備中。

才能あるアニメーターをイギリスに結集させたかった

――本作の企画は、どのように始まったのでしょうか。

ディーキン 『エセルとアーネスト』の企画は、もともとプロデューサーのジョン・コーツさんが温めていたものでした。コーツさんは、「TVカートゥーンズ」社のプロデューサーで、ビートルズの『イエロー・サブマリン』(1968年)やレイモンド・ブリッグズさん原作のアニメーション『スノーマン』(1982年)、『風が吹くとき』(1986年)、『ファーザー・クリスマス』(1991年)などを手がけてこられました。

プロデューサーのカミーラ・ディーキン拡大プロデューサーのカミーラ・ディーキンさん=撮影・筆者
 「チャンネル4」(イギリスの公共放送局)のアニメーション編成担当だったルース・フィールディングさんの紹介で、コーツさん、ブリッグズさんと昼食をとる機会がありまして、そこで意気投合しました。私はこの企画に夢中になりました。私は当初『エセルとアーネスト』の資金繰りの担当でした。

 2002年に私とフィールディングさんは「ルーパス・フィルムズ」を創設しました。コーツさんは2012年に85歳で亡くなったのですが、彼は私たちに権利を譲渡し、作品を委ねてくれたのです。資金集めには7年半もかかりました。2014年にようやく資金が集まり、制作に取りかかることができました。

――ルーパス・フィルムズは本作の前に『スノーマン』の30年ぶりの続編である『スノーマンとスノードッグ』(2012年)を制作していますね。本作の作画技法と通じており、パイロットフィルムのような役割を果たしていたのではないですか。

ディーキン その通りです。しかし実は『エセルとアーネスト』の方が『スノーマンとスノードッグ』よりも先にスタートしていました。2007年から脚本や絵コンテを進めていたのですが、投資家たちが躊躇していて資金が集まらない状況だったのです。

 チャンネル4に『スノーマンとスノードッグ』の企画を提案した際、私は「この作品は伝統的な作り方で作らなければなりません。オリジナル(『スノーマン』)に匹敵するものを作りたいので、お金がかかります。人材も時間も必要です」と主張したところ、幸運なことに予算が下りたのです。「もっと安くできないのか。コンピューターで作れないのか。中国に外注に出せないのか」等々と言われましたが、「イギリスでやることに意味がある。才能のあるアニメーターは別々の場所(欧州各国のスタジオ)で仕事をしている。彼らを1カ所に結集させて才能を開花させる場を作らなければならない」と考えたのです。

 2012年のクリスマスに『スノーマンとスノードッグ』が放送され、1100万もの人が観たという高視聴率の結果が出ました。「みんな手描きのアニメーションが好きなんだ」と証明されたのです。それまでは「子供が好きなのはCGなんだ」「大人はアニメーションなど観ない」という声が多かったのです。しかし、放送されてみると大人からも手描きのルックが好きだという声があがりました。『スノードッグ』が大人気となったことで追い風が吹きました。長編のための訓練ができて、人材も集められました。その結果『エセルとアーネスト』を作ることができたのです。

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016拡大『エセルとアーネスト ふたりの物語』 © Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

叶精二

叶精二(かのう・せいじ) 映像研究家、亜細亜大学・東京工学院講師

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、「『アナと雪の女王』の光と影」(七つ森書館)、『日本のアニメーションを築いた人々 新版』(復刊ドットコム)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)、『マンガで探検! アニメーションのひみつ』(全3巻、大月書店)など。

叶精二の記事

もっと見る