メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

饗宴の儀、雅子さまのフリルと美智子さまのケープ

矢部万紀子 コラムニスト

 前回、「即位礼正殿の儀」での雅子さまのまばたきについて書いた。陛下と秋篠宮さまは、ほとんどまばたきをしなかった。国事行為や宮中祭祀においても平常心でいるお二人。それが天皇家に育つということ。嫁いだ雅子さまもそこを目指さねばならないのだとすると、「平常心への道」はたやすくはない、と。

 同時に、その道は決して暗くはなく、明るいと感じた。今回は、そのことを書こうと思う。

 即位礼の日の午前7時過ぎ、雅子さまは1人で赤坂御所を出発した。オフホワイトのジャケットに同色の帽子。雨が降る中、車の窓を開けて、にこやかに会釈をしていた。台風によりパレードは延期されたが、沿道には大勢の人が待ち受けていた。雅子さまは、その人たちに手を振っていた。笑みが絶えることはなかった。

「即位礼正殿の儀」のため、赤坂御所を出る皇后さま=2019年10月22日拡大「即位礼正殿の儀」のため、赤坂御所を出る皇后さま=2019年10月22日

 大勢の人を前に、にこやかに手を振る。令和になって以来、雅子さまにはもう当たり前の光景だ。だが体調の悪い頃は、そうではなかった。大勢の人に囲まれるのは苦手で、カメラを向けられることがプレッシャーになる。そう言われていた。駅頭で待ち受ける人々に、「フラッシュをたかないでください」と警備員が叫ぶ。それが、決まりになっていた。

 外務省職員時代から「皇太子妃候補」としてカメラに追いかけられたことが、トラウマになっているという解説もあった。だけど、それだけではないように感じていた。雅子さまはもっと仕事がしたかったのだという指摘は、精神科医の香山リカさんが早くからしていた。香山さんと同学年で、雅子さまの3学年上の私としてはすごくよくわかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

矢部万紀子の記事

もっと見る