メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『いだてん』田畑の妻も? 新聞社で働く女性たち

大河ドラマが描いた/描かなかった朝日新聞社 その2

前田浩次 朝日新聞 社史編修センター長

 NHK大河ドラマ『いだてん』に登場した朝日新聞社のシーンでは、史実とフィクションが、どう描かれ、あるいは描かれなかったのか。その報告の2回目は、働いていた女性に視線を向けてみる。

田畑政治の妻となる菊枝の仕事は?

いだてん田畑拡大田畑政治結婚を報じる東京朝日社報昭和8年5月号の個人消息欄

 『いだてん』には7月28日に放送された第28話から、麻生久美子演じる酒井菊枝が登場している。朝日新聞で働く「速記者」で、後に阿部サダヲ演じる田畑政治の妻になった女性だ。

 田畑が口にする「アレ」「ナニ」ばかりでわけがわからない情報を、ちゃんと原稿として書き取り、田畑がオリンピック応援歌詞の投稿箱を探し始めると、もう手に取っていて渡すという特異な能力を持つ――というのは、さすがにファンタジーだが、そのころ、朝日新聞社の編輯(へんしゅう)局では実際に、女性の速記者が働いていた。

 田畑が「酒井菊枝」と結婚したのは史実で、社内報の社員消息欄にも、1933年(昭和8)3月30日に「緒方編輯局長夫妻の媒酌で結婚」と記されている。

 ただし、彼女が朝日新聞社で働いていたというのはフィクションだ。

 ドラマでは彼女を社員に設定することで、菊枝が、田畑に夜食をお裾分けしたり、ソファに寝っ転がった田畑が口述する原稿を筆記したり、ロサンゼルス五輪の予定稿を託されたりと、いう主人公には不可欠の愛情物語がふくらんだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田浩次

前田浩次(まえだ・こうじ) 朝日新聞 社史編修センター長

熊本県生まれ。1980年入社。クラシック音楽や論壇の担当記者、芸能紙面のデスクを経て、文化事業部門で音楽・舞台の企画にたずさわり、再び記者として文化部門で読書面担当とテレビ・ラジオ面の編集長役を務めたあと、2012年8月から現職。

前田浩次の記事

もっと見る