メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

夭逝のアーティスト・バスキアに見る落書きの魅力

1980年代に彗星のごとく登場したのアーティストはなぜ人を引きつけるのか

小川敦生 多摩美術大学芸術学科教授、美術ジャーナリスト

 落書きは楽しい。

 授業中にノートの端っこに思わず描いたり、トイレの個室で便座に腰掛けたときに目の前で遭遇してにやりとしたり。

 それらは、授業をしている先生の話をまともに聞いていない証しだし、公共の場や他人の所有物への落書きは器物損壊にもなりかねない。しかし、描いているほうは結構大まじめ。端(はた)から見ていても、描くことに夢中になっているように見える。

 ある意味、「売れる絵描きになろう」などといった打算のない、純粋に表現の産物ともいえるのではなかろうか。

自称「ラクガキスト」が共感するバスキア

 かくいう筆者は、自称「ラクガキスト」。落書き大好き人間だ。

 もともと絵を描く趣味はなかった。だが、数年前に iPad のペイント系ソフトを使い始め、どんどんハマっていった。とはいえ、いわゆる上手な絵は、まったく描けない。美大に勤めてはいるが、教えているのは絵ではなく文章の書き方だ。

 当然だが、美大生はデッサンの試験などを受けて入ってくる者が多い。彼・彼女らと比べると、自分が描くのはまさに下手な「落書き」のたぐいだ。自分の絵を見せようなどとは微塵も思うはずもなかった。

 ところが、趣味とはおそろしい。あるとき試しに自分が描いた絵を T シャツに印刷してしまった。そして、何気なく大学に着ていった。 当然バレた。

 「先生、その絵、ひょっとしたらご自分でお描きになったのでは?」 「そうだよ」「すごい! いかしてますね」

 すっかり調子に乗った。「落書き」がどんどん T シャツになった。ヴァイオリンを弾くガイコツだとか、猫にごはんだとか、メトロノームの妖怪だとか。 T シャツ姿をスマホで撮影してコレクションする学生も現れた。

 ある日、学外のある場所で知人に「制作現場」を目撃された。「すごく集中してる!と思ったら、絵を描いてたんだ」と言われた。確かに、これほどの集中力が注がれる時間はほかに見当たらないなと思った。自分は素人だと割り切っているので、上手く描こうなどとも思わない。ただひたすら、衝動に任せた「落書き」を楽しんでいることに気づいた。

 恥を捨てて SNS で知人に「公開」すると、ある音楽家からは「作風が確立してますね」と言われた。上手でなくても、いや上手じゃないからこそ、描き手の個性が表れやすいのかもしれない。

 そんな筆者が共感する画家。それがジャン=ミッシェル・バスキア(1960〜88年)だ。1980年代のニューヨークで活躍、若くして世を去った黒人アーティストだ。

拡大筆者が描いたバスキアへのオマージュイラスト

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小川敦生

小川敦生(おがわ・あつお) 多摩美術大学芸術学科教授、美術ジャーナリスト

1959年北九州市生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。日経BP社の音楽・美術分野の記者、「日経アート」誌編集長、日本経済新聞美術担当記者等を経て、2012年から多摩美術大学芸術学科教授。「言語メディア」「音楽と美術」などの授業を担当。同大学で発行しているアート誌「Whooops!」の編集長を務めている。一方では「日曜ヴァイオリニスト」「ラクガキスト」を名乗り、アマチュアながら演奏とデジタル絵画制作に興じる顔を持つ。現在は日本経済新聞などの媒体に美術記事を寄稿しているほか、音楽之友社運営のウェブマガジン「ONTOMO」で「日曜ヴァイオリニストの“アートな”らくがき帳」を連載中。これまでの主な執筆記事は「パウル・クレー 色彩と線の交響楽」(日本経済新聞)、「絵になった音楽」(同)、「ピカソ作品の下層に見つかった新聞記事の謎」(日経ビジネス電子版)「なぜ怪物が描かれたのか?——クリムトが描いたベートーヴェンのアヴァンギャルド」(ONTOMO)など。一般社団法人Music Dialogue理事。