メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

木庭顕氏に聞く 立体的な思想史を描き出す

木庭顕 歴史学者、東京大学名誉教授

 「西欧近代」の成立には、古代ギリシャ・ローマの「古典」を連綿と読み続ける作業が必要不可欠だった――。朝日新聞の7月8日付朝刊「文化の扉」に掲載された「西欧近代 古典が源流」(朝日新聞デジタル版は「(文化の扉)西欧近代、古典が源流 古代ギリシャ・ローマの分析、多様な学問生む」)は、イタリア出身の20世紀の歴史学者、アルナルド・モミッリャーノ(モミリアーノ)の研究をもとに、「歴史学の歴史」の大きな流れを紹介した。記事のベースになった、歴史学者でギリシャ・ローマ史が専門の木庭顕・東京大学名誉教授とのやりとりからは、古典のテクストと向き合う精緻な読解から、近代の様々な学問領域が生まれる過程が垣間見えてきた。(聞き手・文化くらし報道部 大内悟史)

――ただ、モミッリャーノといえどもいきなりこうした分析法に辿り着いたのではなく、先行研究の蓄積の上にそこに至ったのだと思います。また、モミッリャーノの研究がどのように受容され、その後の世代に受け継がれたかについても知りたいと思います。

木庭 既に、史料のバイアスを歴史的現実の解明に用いたことで明らかなように、モミッリャーノは大きく言って、歴史学およびフィロロジー(文献学・校訂学)における実証主義を批判する動向に属します。18世紀末から、歴史研究のターゲットとして「固い事実」に辿り着くということが浮上します。これとパラレルに、写本の伝承に関してはオリジナルな正しいテクストがある、という風に考えるわけですね。ところがモミッリャーノは、複雑で立体的に組み上がった社会的現実の長期的な変化こそがターゲットなのではないか、テクストには初めから異本が存在しており、どちらが正しいかではなく異本が存在すること自体が貴重な現実ではないか、という視点を持っていました。ただし彼の場合、構造主義や現象学といった実証主義批判の多様な陣営の中で、むしろ初期近代以前のイタリア人文主義に帰ろうとする側面があり、そのぶん堅固な基盤を持ち、理論的にはオープンです。これは、イタリアでは脈々と流れ続ける最高度の知識層が育んできたもので、その中からしか生まれなかった姿勢であると言えます。

 モミッリャーノが後世に与えた影響については、まずフランスの歴史学者ヴィダル・ナケなどのギリシャ学のパリ学派に決定的なインパクトを与えました。彼らはデュルケームの社会学ないし構造主義から出発したのですが、モミッリャーノは、これに歴史学としての基礎を与えなおした面があります。モミッリャーノはさらに、思想史の研究を大幅に立体化するのにも貢献しました。アンティクアリアニズムへの着目はその一例にすぎません。英米両国における政治思想史の大家ジョン・ポーコックは晩年(1990年代以降)になってモミッリャーノの分析法に依拠した大作をのこしており、これは英語圏における彼が与えた影響の到達点と見ることができます。モミッリャーノの名前を知らなくとも、今日の思想史研究では必ず古典のソースとの関係でテクストを読み解くというのが標準化しています。ソース探求自体はそれこそ最もスタンダードな各国古典文学研究の内容でしたが、新しい方法的意識によってそれが遂行されるということですが。

ローマのフォロ・ロマーノ拡大ローマの遺跡「フォロ・ロマーノ」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木庭顕

木庭顕(こば・あきら) 歴史学者、東京大学名誉教授

1951年生まれ。歴史学者、東京大学名誉教授。ギリシャ・ローマ史が専門。著書に『政治の成立』(東京大学出版会)、『誰のために法は生まれた』(朝日出版社)、『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房)など。「政治・デモクラシー・法の歴史的基盤の探究」で2018年度の朝日賞を受賞した。