メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

反戦フォークは自衛官の卵たちの愛唱歌だった!?

【3】「戦争を知らない子供たち」 「坊や大きくならないで」

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

〝反戦〟フォークが70年万博の統一テーマ曲に

 2回にわたって記した70年万博が開催された大阪府吹田市千里の地からは、「こんにちは」を連呼する〝究極の笛吹歌〟以外に、もう一つ、戦後歌謡史に残る歌が生まれた。

 「戦争を知らない子供たち」である。

 万博を盛り上げるべく、開催期間中の動員がもっとも期待される夏休みに企画された「全日本アマチュアフォーク・フェスティバル」で、3千人もの聴衆を前に、統一テーマ曲として披露された。

拡大ジローズ「戦争を知らない子供たち」 作詞:北山修、作曲:杉田二郎
 「戦争が終わって僕らは生まれた 戦争を知らずに僕らは育った」「僕らの名前を覚えてほしい 戦争を知らない子供たちさ」。〝万博の笛吹歌〟の「こんにちは」ほどではないにしても、こちらも「戦争」が連呼されるところでは同工異曲のジングル・ソング、内容も万博のコンセプトである「人類の進歩と調和」にマッチしている。

 作詞を依頼されたのは北山修。その3年前に加藤和彦らと「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成、「帰ってきたヨッパライ」の大ヒットで、関西フォークの源流を創った一人である。

 しかし、この歌が世に出るのにはいささかの軋轢と曲折があった。当初、北山の生涯の友人でもあった加藤和彦に詞を見せて作曲を依頼、二つ返事で受けてもらえるものと思っていたところが、拒絶されたのである。外見も態度も柔和な紳士然とした加藤だが、後の「自死」が物語るように非妥協的な完璧主義者であり、おそらく大阪万博のもつ〝危うさ〟に協力することに強い違和感を覚えたからではないだろうか。

レコード大賞の新人賞と作詞賞に

 北山に救いの手を差し伸べ作曲を引き受けてくれたのは、同じ京都の大学生フォーク仲間だった杉田二郎(北山は京都府立医科大、杉田は立命館大)。加藤と違って北山の詞に素直に共感、出来上がったのは、どこか「こんにちは」を連呼する〝万博の笛吹歌〟にも似た軽快なメロディ。それまでの反体制的なフォークとは一線を画した、ひたすら明るいたたずまいで、それは万博にうかれる国民の気分とも符合していた。

 おそらくそれが受けたからなのだろう、「戦争を知らない子供たち」は、国家の威信をかけたイベントが半年間に6421万人余を動員して大成功のうちに終了した2カ月後、「全日本アマチュア・フォーク・シンガーズ」名義でシングルカットされ、翌年2月、作曲者の杉田二郎が森下次郎とユニットを組んだ「ジローズ」の歌でリリースされるや、累計売り上げ30万枚を超えるヒット曲となった。「ジローズ」はその年の第13回日本レコード大賞新人賞、北山修も作詞賞を受賞。さらに翌72年公開の映画「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」の挿入歌にもなって、さらなる話題づくりと売上増進に一役買った。

 もし加藤和彦が作曲を引き受けていたら、岡本太郎が太陽の塔の裏側に仕掛けたような〝ハンパク・ソング〟になっていたかもしれず、そうだとしたら、おそらく戦後歌謡史に残る大ヒット・フォークとはならなかったのではないか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る