メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

『いだてん』田畑も世話になった、子供と原稿用紙

大河ドラマが描いた/描かなかった朝日新聞社 その3

前田浩次 朝日新聞 社史編修センター長

 NHK大河ドラマ『いだてん』での朝日新聞社のシーンでは、史実とフィクションが、どう描かれ、あるいは描かれなかったのか。報告の3回目は、緒方竹虎のセリフで、社内にいるとされた「子供」のことから始める。

新聞制作の現場にも「いだてん」がいた

 1936年(昭和11)の二・二六事件で東京朝日新聞社が襲撃された時、社内に入ろうとする将校たちを、リリー・フランキー演じる緒方竹虎がこう言って押しとどめる。

 「ちょっと待ってくれ、中には女・子供もいる。まずはそれを出す」

 ドラマの朝日新聞社のシーンで、はて? 子供の姿があったっけ? と思われる方もいらっしゃるだろう。

 乳幼児や児童がいたわけではない。緒方が言及した「子供」とは、記者や、記者が書いた原稿を直したり、記者に指示を与えたりするまとめ役の「デスク」をサポートしていたアルバイト学生のことだ。基本は男子学生で、当時は「子供さん」と呼ばれていた。「こどもさん」と書いた記録も多い。

「いだてん」と朝日新聞拡大大阪朝日新聞の編輯局内で働く「子供さん」=明治の末ごろ

 「子供さん」は編集部門のデスクの近くに待機していた。

 デスクが記者の原稿に青鉛筆で修正や書き込みを加えて仕上げれば、その原稿の束を、ニュース価値の判断と紙面レイアウトをする整理記者のところに急ぎ届ける。

 活字で記事ごとに組んだ小刷りができれば、校閲係のところに急ぎ届ける。

 紙面の試し刷りができあがれば、デスクや記者たちに急ぎ届ける。

 ドラマでも、満州事変の号外が配られるシーンなどでは、学生服の「子供さん」が号外の刷りを持ってくる姿が、チラと映っていた。

 特に急を要するときは、記者の脇に立ち、記者が原稿を1枚書くたびに、それを受け取ってデスクに渡した。カーボン複写で記事を書く場合は、原稿の用紙にカーボンを挟む。

 とにかく「急いで動くこと」が肝要で、長い廊下などは(本当はいけないのだが)全力疾走していた。いわば、新聞制作現場の「いだてん」たちだ。

「いだてん」と朝日新聞拡大1958年ころの編集局。「子供さん」が赤鉛筆を素晴らしい速さで削っていた=週刊朝日奉仕版朝日新聞からみた明治大正昭和から
 また、朝や午後、これから記事執筆や編集作業が始まろうという時間までには、鉛筆、赤鉛筆、青鉛筆を削る仕事もしていた。

 社内の業務に慣れてくると、外から記者がかけてきた電話を受けるとか、写真の現像や焼き付けをするとか、サポートを超えた仕事をしていた人たちもいた。

 「子供さん」の仕事を通じて新聞編集の面白さや意義を感じ取って、新聞社に勤めるようになった人たちも少なくない。

 主に働いていたのは、学生服を着る年齢の青年だったが、戦争で若者が戦場や軍需工場へと駆り出されると、もっと若い男子、そして女子の「子供さん」が採用された。1944年(昭和19)9月の社内報には、東京本社で、男女別の数字は無いが、約60人がいたことが記載されている。

 このサポート役は、現在も新聞社内で活躍している。学生だけでなく、パートで働く社会人の方もいる。

 ただ、「子供さん」という呼び方は使われていない。筆者が入社した1980年(昭和55)のころは、そう呼んでいる社員たちもいたが、すでに当時はサポート役のほとんどが大学生以上の年齢であり、「子供」と呼ぶことをよしとしない考え方になっていった。現在では男女大学生が「編集アシスタント」、通称「原稿係」として、そして社会人が「編集パートナー」として働いている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田浩次

前田浩次(まえだ・こうじ) 朝日新聞 社史編修センター長

熊本県生まれ。1980年入社。クラシック音楽や論壇の担当記者、芸能紙面のデスクを経て、文化事業部門で音楽・舞台の企画にたずさわり、再び記者として文化部門で読書面担当とテレビ・ラジオ面の編集長役を務めたあと、2012年8月から現職。

前田浩次の記事

もっと見る