メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アンソロジーは面白い――『イギリス恋愛詞華集』

小林章夫 帝京大学教授

 アンソロジーとは「異なる作者による詩文集」、あるいは「一人の作者による作品集」だが、一般的には「詩撰」である。英文学ではポールグレイヴによる『ゴールデン・トレジャリー(黄金詩集とでも訳すべきか)』(1861)が有名だったが、今となってはいささか古めかしい嫌いがある。誰がいつ選ぶかによって時代の好みが反映されるのだから、これも致し方のないことである。

 別に英文学に限るまでもなく、日本では『万葉集』や『古今集』という詞華集が編纂され、これまでも愛唱されてきたことは有名だろう。いや、もっとも愛唱されてきたアンソロジーは『小倉百人一首』かもしれない。現代において編纂された、やや特殊なアンソロジーといえば、大岡信が長きにわたって新聞に連載した『折々のうた』(岩波書店)をあげるべきだろう。「特殊」というのは、タイトルの通り「日々偶感」のごときアンソロジーだからである。

 文学の人気が低落した今日において、優れたアンソロジーをきっかけに文学、詩の世界を味わうことは心豊かな体験となるし、事実イギリスではブレグジットの大混乱のさなか、2018年の詩集の売り上げが130万部と過去最高を記録したといううれしいニュースが届いている。しかもこの詩集を読む人々が10代から40代という比較的若い層だというから、つい彼我の違いに呆然としてしまうのだ。

 時代がすごい勢いで動き続け、次々と訳のわからないものが出てくる昨今では、のんびり詩を味わうなど、それこそ時代遅れの生き方かもしれないが、逆にそうした時代だからこそ古今東西の詩歌に浸ってみるのも酔狂ではないだろうか。

EU離脱拡大イギリスでは、EU離脱(ブレグジット)で混乱が続くなか、詩集の売り上げが過去最高だという

 再びイギリスを引き合いに出して恐縮だが、あの決して乗り心地がいいとは言えない地下鉄に、1986年から世界の詩が毎週貼り出され(このアイデアはアメリカの作家によるもの)、人々の心を慰めているのを見ると、日本の民放テレビの騒がしいコマーシャル、何でも歌って踊る光景と比べてみたくなるのも致し方あるまい。おまけに地下鉄詩集はまとめられて出版されている(Poems on the Underground、penguin books)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林章夫

小林章夫(こばやし・あきお) 帝京大学教授

専攻は英文学だが、活字中毒なので何でも読む。ポルノも強い、酒も強い、身体も強い。でも女性には弱い。ラグビー大好き、西武ライオンズ大好き、トンカツ大好き。でも梅干しはダメ、牛乳もダメ。著書に『コーヒー・ハウス』(講談社学術文庫)、『おどる民 だます国』(千倉書房)など、訳書に『ご遺体』(イーヴリン・ウォー、光文社古典新訳文庫)ほか多数。