メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「炭坑節」は三池炭鉱の唄ではない!?

 さて、日本人なら誰もが知っているのに、その「歌枕」の所在をほとんどの人が誤解している唄がある。そして、その誤解を誘導した「首謀者」がいるのにそれを誰も知らず、さらにその「首謀者」の意図には現在に至る戦後日本のありようが隠されているのにそれを誰も知らない、そんな「誰も知らない」づくしの唄がある。


 その「唄」とは炭坑節。そして、「首謀者」とは、GHQ、すなわち昭和20年(1945)8月15日〜昭和27年(1952)4月28日まで日本を占領統治していた、マッカーサー元帥を司令長官に戴く連合国軍総司令部である。

拡大東京など都市部では「炭坑節」が盆踊りの定番とされているが・・・(筆者撮影)
 東京生まれで東京育ちの私は、子供の時分から、お盆になると「♪三池炭坑の上に出た」と歌いながら踊って、てっきり炭坑節は三池から生まれた唄だとばかり思って、長らく疑うことがなかった。しかし、それは間違っていた。三池炭鉱の唄ではなかったのだ。さらに、私がそう間違って覚えた裏にはGHQという「首謀者」の誘導が働いていたらしい。

 論を極めると、現在の日本は、戦後GHQが炭坑節を使って創り上げたとも言えるかもしれないのである。たかが「盆踊りの定番」と思っていた昭和を代表する民謡歌謡曲が、そんな歴史的役割を担っていたと知ったからには、気合いを入れて、GHQと炭坑節を主人公とする戦後史ミステリーを読み解いていこう。

 いままで秘されてきたその〝戦後某重大事件〟の存在を知ったのは、数年前、ある研究誌の取材で、日本を代表する三池と筑豊の両炭鉱跡を訪れたのがきっかけだった。大牟田市世界遺産登録・文化財室の市職員に市内各所の三池炭鉱関連施設を案内してもらったおりに、「こんな資料もありますが」と一枚のコピーをいただいた。

 向坂逸郎らとともに三池労組を支援した社会思想史学者で、1983年〜1995年まで3期12年福岡県知事をつとめた奥田八二が「社会問題月報」(№363、1992年12月号)に寄せたエッセイの、次のくだりが私の関心を惹いた。

 「炭鉱節(正しくは「炭坑節」だが原文ママ、筆者)でよくうたわれている文言は、私の頭にある限り、高い煙突のない『三池』でなくて、三井田川炭鉱のことである。『一山二山三山越え』というのは田川の香春岳のことだし、『香春岳から見おろせば伊田の竪坑が真正面』というくだりも、正に三井田川炭鉱そのものをさしている。だから文言の出身は田川というのが私の判断。田川の人達は『三井炭鉱の上に出た』といったに違いない。『三井』というべきなのに『三池』といってしまったのは誰か、私には答えは一つしかない。戦後の石炭至上の時代に、日本の炭鉱に指令を出していたのはアメリカ軍だ。軍の本拠地は三池におかれていた。だからアメリカ軍が『三池炭鉱の上に出た』といわせたに違いない、というのが私の推理だった」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る