メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

Charと原田真二、それぞれの軌跡

太田省一 社会学者

原田真二デビューの衝撃

原田 真二拡大高い音楽性を持ちつつも、アイドル的人気もあった原田真二=1980年
 1958年生まれの原田真二のデビューは、華々しくかつ衝撃的なものだった。1977年10月に「てぃーんず ぶるーす」でデビューすると、「キャンディ」「シャドー・ボクサー」といきなり3か月連続でシングルをリリース、その3曲がオリコン週間チャートのベスト20位内に同時ランクインするという史上初の快挙を成し遂げた。

 彼の所属レコード会社はフォーライフ・レコード。この会社は、1975年にフォーク歌手の吉田拓郎、井上陽水、小室等、泉谷しげるが主体となって設立された。

 当時は歌手、それもフォーク歌手が自らレコード会社を作るというのは革命的なことだった。なぜなら、従来レコード会社は大きな企業の主導で経営されるものであり、歌手はあくまで契約してもらう側だったからである。しかもフォーライフ・レコードは、誰もが認める人気アーティストである拓郎や陽水、そこに大物の小室、泉谷が加わり、設立当初にはすでに既存の大手レコード会社に対抗しうる勢力であったため、そのインパクトは大きかった。フォーライフ・レコードの設立は、芸能史における“事件”だった。

 しかし、船出はしてみたものの経営は軌道に乗らなかった。とりわけ新しい音楽の波を起こそうとしたにもかかわらず、有望な新人アーティストの発掘はままならなかった。

 そこに彗星のごとく現れたのが、当時広島の高校2年生だった原田真二である。 ・・・ログインして読む
(残り:約1280文字/本文:約3479文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る