メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

父は福島原発の誘致にたずさわった県庁職員だった

165万部のあの写真集を担当した元上司に聞いてみました[1]

鈴木久仁子 編集者・朝日出版社

 はじめまして。鈴木久仁子と申します。私は2000年に朝日出版社という会社に入社し、高校生に連続講義をした本や、ノンフィクション本などの編集をしています。怠け者で、あまり本をつくりませんが、仕事はすごく楽しいです。

 今回、「神保町の匠」担当の方に声をかけてもらい、「出版界や本のことであればなんでも書いていい」とのことですが……自分に書けることが思い浮かばなかったため、身近な人に、こんな機会でもなければ聞かない話を聞いてみようと思いました。今回登場するのは、元上司の赤井茂樹さんという人です。

2014年1月の編集部新年会のあと。一番右が赤井茂樹さん。左から末井昭さん、山本
貴光さん、吉川浩満さん、朝日出版社第二編集部の大槻美和さん
拡大2014年1月、朝日出版社の編集部新年会のあと。右から赤井茂樹さん、朝日出版社第二編集部の大槻美和さん、吉川浩満さん、山本貴光さん、末井昭さん
 赤井さんは1956年生まれ、84年に朝日出版社に入社、91年に篠山紀信さん撮影、樋口可南子さんが被写体の『water fruit』、165万部のベストセラーになった宮沢りえさんの『Santa Fe』などの写真集、レーモン・クノー著、朝比奈弘治さん訳『文体練習』(96年)、池谷裕二さん+糸井重里さんの『海馬――脳は疲れない』(2002年)などを担当しています。

 2014年に朝日出版社を退社、現在はフリーで本をつくっていて、今年(2019年)刊行した本は、安東量子さんの『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房)三浦瑠麗さんの『孤独の意味も、女であることの味わいも』(新潮社)綿野恵太さんの『「差別はいけない」とみんないうけれど。』(平凡社)があります。

 赤井さんとは、私が会社の面接を受けた1999年からの付き合いで、いろいろ教えてもらったのは当然ですが、私の人生において(殴り合いの喧嘩をしていた)自分の父親と同じか、それ以上に喧嘩をした相手が赤井さんです。

 最近は、たまに会って愚痴を聞いては相変わらずだと思ったり、今も仕事のアドバイスをもらったりしています。赤井さんに聞いておこうということが、いろいろあるのです。

 話を聞いたのは7月上旬、その数日前には、仙台の書店で、画家の牧野伊三夫さんが絵を描いた『青い海をかけるカヌー――マダガスカルのヴェズのくらし』(月刊「たくさんのふしぎ」)と、赤井さんが担当した『海を撃つ』のイベントを行っていたとのこと(牧野さんは、私が担当した『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』『戦争まで』の挿画を描いてくださいました)。その話から始まり5時間……話が終わらなかったので、後篇の分を聞くのはまた後日となりますが、今回は『海を撃つ』をつくる背景の話を中心にお届けします。

 編集者が、どんな出来事や人に出会い、どのように巻き込まれ、なにを考えながら本をつくっているかが垣間見えると思います。

非当事者だから観察できる

――どうでした? 牧野さんとのイベント。

 あぁ、あの(笑)……、牧野さん、酔っぱらって寝ちゃって。

――イベントの最中に? すごい、さすがですね。

 さすがです。でも、牧野さんに本を送ったら読んでくれて。「日刊ゲンダイ」の連載に書いてくれて、すごく嬉しかった。

安東量子さんの『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房)拡大安東量子『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房、2019年2月刊)
 『海を撃つ』は、いわき市に住む、夫婦で植木屋をやってる安東量子さんが、2011年の原発事故から7年半の経験を書いた本なんだ。いわき市って、福島県の太平洋岸(「浜通り」と呼ばれる)最南端の広い町で、その最北端の一部ではごく初期に屋内退避指示が出たけど、他の地域では避難などの指示が出るようなことはなかった。ただ、大きな津波の被害が出た地域もある。

 安東さんは広島出身で、大学で東京に出て、その後結婚していわきに移住したんだ。ご主人は南相馬出身だったと思う。

 事故はあまりに巨大だったから、事故全体を代表できる人なんていないね。安東さん一人の経験と視点にすぎないけど、「一住民による貴重なドキュメント」とはちょっと違う。安東さんは、なんというか、巫女(みこ)的なところがあって、見ているものが違うんだ。

――うん、すごく面白かったです。ドキッとする場面がたくさんあって。

 そうだね。

――人間の、ちょっと人に見せたくないところがあらわになるところとか。安東さんが本の中で、原発事故によって放出された放射性物質が損なったのは、通常、自覚することさえない、暮らす環境そのものへの信頼だと気づいたって書いてるけど、そういう状況に置かれ続けたとき、人ってこういう顔するんだ、こんなふうに気持ちがぐらぐらしたりするんだって、心の動きを一緒に体感したような気持ちになって。

 事故の年の夏、(津波で亡くなった親戚の葬儀で)「みんないろいろなことを言うけれど、なにが本当なのかどう考えればいいのかわからなくてねぇ」って、のんびり話してた女性に、安東さんが「大丈夫なんじゃないでしょうか」って軽く声をかけた途端、その人の表情が激変して、畳みかけるように問いかけてくるところとか、その場で見てるみたい。よく観察してますよね、安東さん。

 うん、まあ、冷静なんだよね。

安東量子さん。ICRPダイアログセミナー、2014年12月。撮影:宮井優氏拡大安東量子さん=2014年12月、ICRP(国際放射線防護委員会)ダイアログセミナーで 撮影・宮井優氏

――2011年5月頃の映画の自主上映会で、反原発派の監督が壇上で話しているとき、発した言葉と裏腹にその人の目が輝いているとか。目がらんらんとしてるんだろうな、もしくは、してるように見えちゃうんだろうなって思いますね。

 思うよねえ。そうなの、だから冷淡でもあるんだよ、安東さんって。

――そういうところ好きですよ。ドキッとするところと、時々、ふっと笑っちゃう、可笑しいところもあるし。

 安東さんが福島出身ではなくて、外様(とざま)っていうのもよくってさ。あの地域で生まれ育った人にはできないこともあるのね。安東さんは住民で地元の暮らしに愛着はある。たしかに観察いっぺんとうじゃないけど、観察ってむしろ、非当事者だからできると思うんだ。

――こういう本、ないですよね。

 ないと思うんだが。まあ、時期が……とにかく原発のことは、みんな、ほんとに興味がなくなったから。

――この本の面白さって、原発に興味があるとかないとか左右しないと思いますけど。

 うーん、そうだといいけど、まあ、8年経ってるからね。

強風の中、落葉清掃。2018年12月拡大強風の中、落葉を清掃する安東量子さん=2018年12月

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木久仁子

鈴木久仁子(すずき・くにこ) 編集者・朝日出版社

1976年、宮城県生まれ。2000年、朝日出版社に入社。アイドル写真集制作のアシスタントをつとめ、その後一般書を制作。担当した書籍は、森達也『死刑』、加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』『戦争まで』、西成活裕『とんでもなく役に立つ数学』、岡ノ谷一夫『「つながり」の進化生物学』、伊勢﨑賢治『本当の戦争の話をしよう』、「こども哲学」シリーズ、末井昭『自殺』『自殺会議』など。