メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

挽歌に封印された古代文字の謎 その2

【7】「石狩挽歌」「小樽のひとよ」

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

場所:小樽/余市
昭和50年(1975)「石狩挽歌」(作詞・なかにし礼、作曲・浜圭介、唄・北原ミレイ)
昭和42年(1967)「小樽のひとよ」(作詞:池田充男、作曲:鶴岡雅義、唄:鶴岡雅義と東京ロマンチカ)

世界に注目された手宮洞窟の「古代文字」

拡大小樽市の運河

 まず向かったのは車で小樽駅から15分ほど、小樽運河の西外れにある手宮洞窟保存館である。なんともちっぽけな構えで、ちょっと拍子ぬけする。

拡大小樽市手宮洞窟保存館
 学芸員の説明に耳を傾けると、江戸末期、石工によって発見された「古代文字」は、ここを調査に訪れたイギリスの高名な地質学者によれば、推定年代は1600から2000年前の続縄文文化時代。歴史の授業では、そのころの日本列島の中心ではまだ文字は使われていなかったにも拘わらず、辺境に文字をもった人々がいたとは、まさにヒエログリフに匹敵する歴史の大発見であり、大正11年(1922)、当時皇太子だった昭和天皇が視察に訪れたというのもうなずける。ここ小樽の地はさぞや沸き立ったことだろう。

 しかし、である。展示の最後の説明ボードはこう記す。「フゴッペ洞窟の研究が進むにつれ、現在では絵画であるという見方が考古学者の意見となっている・・・」。

 残念ながら「古代文字」ではなく、「古代絵画・文様」だったのである。

「荒覇吐(アラハバキ)」を神に戴く古代王国の言葉か?

 私は説明ボードの言外に滲む無念を感じ取って、古代史ブームの中で起き私も惹きこまれた『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』をめぐる顛末を想った。

 『東日流外三郡誌』とは、青森県津軽地方の和田喜八郎が自宅改築中に発見したとされる古文書で、古代史ブームの中で一般に広まった。かつて津軽の十三湊(とさみなと)を首都とする反大和朝廷国家があり、中国・朝鮮はもとより遠くヨーロッパ・中近東との交易で大いに栄え、その版図は樺太(サハリン)、北海道に及んだが、1340年か41年の大津波によって崩壊したという気宇壮大な創世クロニクルである。

 北海道も巻き込んでいる古代国家があったというのなら、「石狩挽歌」にある「古代文字」ともつながっているかもしれないと、私は心を揺さぶられたものだ。

 メジャーマスコミもこれに飛びついた。土偶の姿をした古代王国の神「荒覇吐(アラハバキ)」に惹かれた岡本太郎がテレビ出演して「宣伝役」を買ってで、また安倍晋三首相の父・晋太郎が安倍家の祖先の墓が東日流外三郡誌の発見者和田が再建した聖地にあるとして、そこを詣でるなど、話題を呼んだ。

 しかし、その後、調査が進む中で、『東日流外三郡誌』は「偽書」と断定されるようになった。地元青森県の教育庁編『十三湊遺跡発掘調査報告書』も、一時公的な報告書や論文などでも引用されることがあった『東日流外三郡誌』について、「捏造された偽書であるという評価が既に定着している」と記している。

 たしかにこの「東日流外三郡誌偽書事件」と手宮古代文字誤認事件はよく似ている。しかし、手宮のそれは「偽物」でも「偽装」でもない。間違いなく古代人の「痕跡」である。学者が勝手に文様を文字だと勘違いしただけのことではないか。文字をもつことが必ずしも文明度のバロメーターとは限らない。めげるなと手宮洞窟に同情を覚えながら、その足で、かつて日本どころか世界の耳目を集めた手宮洞窟を「ただの古代人の落書き洞窟」にしてしまったフゴッペ洞窟に向かった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る