メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[神保町の匠]2019年の本 ベスト3(1)

『北斎』『9条入門』『夏物語』『原子力時代における哲学』……

神保町の匠

*本や出版界の話題をとりあげるコーナー「神保町の匠」の筆者陣による、2019年「わがベスト3」を紹介します(計4回シリーズ)。

小林章夫(帝京大学教授)
 エドモン・ド・ゴンクール『北斎――十八世紀の日本美術』(隠岐由紀子訳、平凡社・東洋文庫)は、いち早く葛飾北斎の才能を評価した書物。18世紀イギリスを勉強してきた人間にとって、18世紀日本の天才画家を見いだしたゴンクールの眼力に感心すること多かった。

 高橋裕史『戦国日本のキリシタン布教論争』(勉誠出版)は、日本での布教活動に、イエズス会、フランシスコ会がどのように関わり、いかなる対立をしたかを、一次資料を丹念に読み込み、多角的に検討した快著。しかしまあ、宗教界にも激しい派閥争いがあったのだな。それはそうだろう、自分の信じるものを巡って意見が分かれれば、俗世界よりも命がけの争いになるのは古今東西の真実である。

 マークマン・エリス他『紅茶の帝国――世界を征服したアジアの葉』(越朋彦訳、研究社)は、紅茶がイギリスの国民的飲み物となった経緯を詳細に跡づけた名著。紅茶の研究には不可欠の資料となるだろう。ちなみに著者の一人エリスにはコーヒー文化を巡る名著がある。

今野哲男(編集者・ライター)
1. 加藤典洋『9条入門』(創元社)
 今年の5月に逝去した文芸評論家・加藤典洋氏の遺作。優れた文芸評論家の最後の一策が、文学ではなく、むしろ政治に関するものであったことを悼む一方で、加藤氏にはその二つをつなげるに足る、戦後を生きる者としての稀な文学的倫理感があったことを強調しておきたいと思う。かつて、この国では孔子的な「中庸」が、ときに「どっちつかず」や「風見鶏」などの負のイメージをもってとらえられる傾向があった。『イソップ物語』で言えば「こうもり」のような扱いを受けていたのだ。政治の舞台では殊にそうで、これは東西冷戦下で生まれた保革両陣営の対立が、両者の間にある存在や立場の影をゆえなく薄くする面があったからだと思う。加藤氏は『敗戦後論』(1997年)以来、保革いずれにも与しない形でこの国の戦後のとらえ直しに力を注ぎ、返す刀で保革双方の憲法観にある不全性をラジカルに指摘してきた。本書が、「中庸」が最もラジカルだった時期の大事な記念碑として、長く保存されることを祈りたい。

2. 大澤真幸『三島由紀夫 ふたつの謎』(集英社新書)
 わたしは、三島由紀夫という男は、ギリシャ文化へのひとかたならぬ傾倒に見られるように、フランスにのめり込んだ森有生などと同じく、西欧化した近代日本人の最も典型的な人物の一人だと思ってきた。その思いは、割腹自殺した後も変わっていない。たとえば寺山修司など西欧で評価された多くの日本人は、エキゾチシズムがその主因だったと邪推するが、この二人は日本にとってよりも、西欧にとってこそわかりやすかったのではないかと思う。その彼が、なぜ、ことさらに「日本」などという逆向きなことを言ったのか。本書はこの困難な課題に、三島の特異な「死」と、擱筆の日付が自決の日と重なる『豊饒の海』の不可解な結末部分に光を当てて、「謎解き」の形でスリリングに、大澤流の三島理解を展開している。

3. 吉本隆明『ふたりの村上――村上春樹・村上龍論集成』(論創社)
 吉本隆明は生前、『ふたりの村上』という春樹と龍の両村上についての書き下ろしの論考を準備していたらしい。本書は書かれぬままに終わったその論考の題名を借りて、吉本の二人に関するさまざま論考を、丹念に拾い集めたもの。1924年生まれの吉本隆明には、49年生まれの春樹と52年生まれの龍とが、「現在」と切り結ぶ中でどう見えていたのか。肯定と否定が相半ばするそのアンヴィバレントな実相が明らかになる。

○番外
加藤典洋『完本 太宰と井伏――ふたつの戦後』(講談社文芸文庫)
 掟破りの文庫ものだが、加藤氏の服喪のためにも是非。

加藤典洋拡大加藤典洋(1948―2019)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。