メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『いだてん』田畑政治、五輪の後は

大河ドラマ主人公の歩みをたどる最終回。「記録」と「歴史」を考えた

前田浩次 朝日新聞 社史編修センター長

東京五輪が終わった後で

いだてん拡大89歳になった金栗四三=1980年8月21日、熊本県玉名市の自宅
 NHK大河ドラマ『いだてん』は、主人公の最期までは描かなかった。

 金栗四三は、1967年(昭和42)にストックホルム五輪から55年後の記念式典に参加し、競技場を走ってマラソンのゴールテープを切ったエピソードが紹介された。田畑政治は、水泳プールで選手たちを指導しているところで終わった。

 田畑の五輪後の主な足跡は、前回紹介した「感無量」の寄稿の最後に自身が書いているように、水泳指導と、そして中国の五輪復帰に尽力したことだ。

 今年2019年(令和元)8月31日、朝日新聞は田畑の故郷・浜松市との共催で「トークショー 水泳ニッポンを築いた男 田畑政治」を東京・イイノホールで開いた。

 青木剛・日本水泳連盟会長が、田畑の水泳界での功績を戦前の足跡から紹介。そして東京五輪の不振から、田畑が「強化には屋内プールが必要だ」と、東京スイミングセンターの設立を働きかけたことが、今日の日本水泳に繫がっていると力説した。

 センターは1968年(昭和43)6月に東京・駒込に誕生。2004年(平成16)のアテネ五輪で、北島康介と、このトークショーで青木と対談した中村礼子が同センターから出た初のメダリストとなる。

いだてん拡大「水泳ニッポンを築いた男 田畑政治」で語る日本水泳連盟の青木剛会長
いだてん拡大「水泳ニッポンを築いた男 田畑政治」で語る中村礼子さん

 中国について田畑は、聖火リレーのコースとしても考えていたように、ずっと国際競技への復帰を願っていた。自らの従軍経験や、戦後のインドネシアやフィリピンで、日本兵への激しい憎悪を体験したことがベースにあっただろう。

いだてん拡大1979年名古屋で開かれた国際オリンピック協会理事会で中国の五輪復帰が決まった。キラニンIOC会長(左)と握手する中国の宋中団長
 1966年(昭和41)6~7月に田畑は日本スポーツ使節団の一員として中国を訪問した。アジア大会と新興国競技大会を一本化できないか、スポーツ交流を推進できないか、という目的だった。

 その後1973年(昭和48)4月、田畑は日本オリンピック委員会の委員長となる。中国の国際舞台復帰実現を主な仕事にかかげ、その足がかりを築いて1977年(昭和52)に辞任した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田浩次

前田浩次(まえだ・こうじ) 朝日新聞 社史編修センター長

熊本県生まれ。1980年入社。クラシック音楽や論壇の担当記者、芸能紙面のデスクを経て、文化事業部門で音楽・舞台の企画にたずさわり、再び記者として文化部門で読書面担当とテレビ・ラジオ面の編集長役を務めたあと、2012年8月から現職。

前田浩次の記事

もっと見る