メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

100年のバウハウス、現代日本に溶け込む

近代の建築、美術、デザインに大きな影響を与えた学校

髙木毬子 同志社女子大学准教授、グラフィックデザイナー

 100年前、ドイツでつくられた学校「バウハウス」。歴史の渦にのみこまれ、わずか14年しか活動しなかったにもかかわらず、今日もデザインや建築を通して、世界に大きな影響を与え続けている。その日本との深い関わりを、同志社女子大学准教授でデザイナーの髙木毬子さんに紹介してもらった。髙木さんは2019年、バウハウスに留学した日本人女性をテーマにした本『Yamawaki Michiko – eine japanische Bauhaus Geschichte(山脇道子:一つのバウハウス物語)』を出版した。

創造を通して社会改善目指した「夢の学校」

バウハウス拡大1990年代に本格修復されたバウハウス・デッサウ校、NKR_Factory / Shutterstock.com

 バウハウスは、20世紀前半、建築家であったワルター・グロピウス(1883~1969)がドイツ中部の都市ワイマールにたてた工芸、芸術と建築を一つの総合美術として見なす学校だった。

バウハウス拡大1954年に来日したこのワルター・グロピウス。当時は米国ハーバード大学教授だった
 第一次世界大戦が終結して半年も経たない1919年4月、グロピウスは自らの教育の理念を「バウハウスマニフェスト」にまとめ、発表した。それは、芸術・美術教育を、伝統的な職人養成のあり方を取り入れながら革新してゆくという思想の一方で、創造を通して社会を改善しようとするユートピアの宣言であった。

 受講生は「年齢、男女の別を問わず」と表明した。当時、アーティストを目指していた女性、あるいは、既にその道を歩んでいた者たち、第一次世界大戦を生き抜いた創造活動とそれに携わる人々にとって、バウハウスは希望の場所であり、夢の学校であったに違いない。

 「マイスター(師匠)」として、迎えられた当初の教授陣は、モダンアートの草分けとして知られる、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、ライオネル・ファイニンガー、ヨハネス・イッテン、オスカー・シュレンマー、モホリ=ナジ・ラースローら、輝かしい芸術家たちであった。

 バウハウスは、ナチスが政権を握った1933年に強制的に閉鎖されるまで、わずか14年間しか続かなかった。しかも、その短い間に、学長、教員、カリキュラムなどが次々と変わり、場所もワイマールからデッサウ、ベルリンと移動した。にもかかわらず、現在にいたるまで、デザイン学校の先駆として国際的に認識され、評価されている。そして2019年に創立100年を迎えた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

髙木毬子

髙木毬子(たかぎ・まりこ) 同志社女子大学准教授、グラフィックデザイナー

1975年ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。2012年ドイツ・ブラウンシュヴァイク美術大学で博士号、2014年英国レディング大学で修士号を取得。10~16年香港バプティスト大学助教授、2017年4月より同志社女子大学学芸学部メディア創造学科准教授。専門はタイポグラフィとブックデザイン。他にデザイナー、著述家、研究者として活動。 ドイツエディトリアルブックデザイン財団賞 、ADCデザイン賞(アートディレクタークラブ・デザイン賞)、レッド・ドット・デザイン賞、iF デザイン賞を受賞。

髙木毬子の記事

もっと見る