メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

老いと演劇という「狂気の旅」へ

「舞台が命」の気迫に巻き込まれ/高齢者、認知症と楽しく生きる俳優の覚え書き(5)

菅原直樹 俳優・介護福祉士

 岡山県和気町での芝居作りが始まった。テーマは「徘徊(はいかい)」。地元の商店街を舞台に、行方が分からなくなってしまった認知症の妻を探す夫の役で88歳の岡田忠雄さんが主演する。題して『よみちにひはくれない』。岡田さん自身の生活を踏まえた台本で、共演者も実生活と同じ「時計屋さん」「手芸屋さん」の役で出演する。しかし、開幕直前に思わぬ出来事が--。OiBokkeShi」初公演までの日々、後編です。(前半はこちら)

セリフを覚える気は……ない

介護と演劇拡大老人と一緒に商店街を「徘徊」する。それを演劇にしたのが『よみちにひはくれない』

 僕の中でいろいろなことが繋がっていった。20年ぶりに帰省してきた青年が、駅のロータリーで、昔馴染みのおじいさんと再会する。おじいさんの妻は認知症になってから、一人で外に出たまま帰れなくなってしまうことがある。今も行方不明になっていて、おじいさんが一人で探していると言う。青年は久しぶりに故郷をぶらぶらしようと思っていたので、おばあさんを探すと約束をする。青年は20年ぶりの変わり果てた商店街をおばあさんを探しに行く…、というストーリーだ。

 岡田さんは舞台にかける情熱はものすごく熱いが、セリフを覚える気は一向にない。目が悪い岡田さんはワークショップの時にも台本を読もうとしなかった。この人とどうやって芝居を作るのかが課題だった。しかし、岡田さんは、こちらが話を振ると同じ話を何回もしてくれる。そこに目をつけた。

 台本に書かれているセリフを覚えてもらうのではなく、岡田さんがよくする話を台本に組み込めばいいのだ。認知症の奥さんに対する思いをそのまま話してもらうことにした。

 稽古では、岡田さんには台本は渡さずに、口伝えでシーンのセリフを伝える。このやり方でうまく行くのかどうか不安だったのだが、実際にやってみると、1回目の稽古でほぼ完璧な演技をしてくれる。もちろん細かいセリフのミスはあるのだが、堂々と演じる姿はもうベテラン俳優の佇まいだ。

 こちらの不安は一気に吹き飛んだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅原直樹

菅原直樹(すがわら・なおき) 俳優・介護福祉士

1983年宇都宮市生まれ。 「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。 2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。12年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開している。 18年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)を受賞。

菅原直樹の記事

もっと見る