メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[神保町の匠]2019年の本 ベスト3(4)

『夢も見ずに眠った。』『8050問題の深層』『分解者たち』『セロトニン』……

神保町の匠

鈴木久仁子(編集者・朝日出版社)
川上未映子『夏物語』(文藝春秋)
 最も圧倒された本。一人でここまで考え、どのページにも目が貼りついて離れない引力ある物語で、今、そして未来の人間に足下から問いを突きつける人がいることに圧倒されました。
 いろんなものの色、かたちがバッと頭にこびりつき(主人公の夏子の姉、巻子の乳首が銭湯の湯から現れる場面が大好き)、至るところで投げかけられる問い(なぜ大人は酒を飲むか/会ってみたいという気持ちの不思議など)に惹きつけられ、やがて私たちが立つ根本を揺らがす問題にぶちあたります。
 ぬぼっと生きてる私には(たとえば、いないほうがよかったということはないんじゃないか、いいわるいも理由もないと、大多数の人と同じように思っている)ここで問われていることに何があるのかわからないところも。光と闇をももたらすエネルギーの塊みたいです。「間違うことを選ぼうと思います」と夏子が震える声で伝えたこと、それを抱えて広げていければいいのでしょうか。

絲山秋子『夢も見ずに眠った。』(河出書房新社)
 最も読んでいる時間が愛おしかった本。
 (以前ご紹介した詳細はこちら)
 最後の場面で起きていること、こういう瞬間を人と分かち合うことは、めったに訪れないことかもしれませんが、きっと誰にでも開かれているとも思いました。

絲山秋子『夢も見ずに眠った。』(河出書房新社)拡大絲山秋子『夢も見ずに眠った。』(河出書房新社)

小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている――アングラ経済の人類学』(春秋社)
 最も現実が力をくれた本。
 世界各地から商売人が香港を訪れ、中国製品を買い付け、インターネットで通信し、母国へ輸出する。そんな国境を越えるインフォーマル経済の台頭に胸躍らせ、小川さんが訪れたチョンキンマンションという複合ビル。そこで出会ったボス・カラマとタンザニア人たち。しょぼくれた顔で仲間から金を借り、ネットの面白動画を探してばかり、そんなカラマと同行するうちに見えてくる経済、助け合い、信頼構築の仕組み。
 現在進行形の瑞々しいレポートから導き出される論理は、日本で暮らす私たちが直面する問題を地続きで捉える。具体例の一つひとつに驚かされ、知るとなぜだか何ともいえない楽しさが湧いてくる。心とからだを開き、未知のものに賭けてみること。その軽やかさと力強さが本から届き、先の見えない未来を楽しく感じ始め、小川さんと共にカラマたちを好きになっていくのです。

堀 由紀子(編集者・KADOKAWA)
ブレイディみかこ著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)
 各賞を次々に受賞している本書。当たり前だと思っていることに静かに問いかけてくる内容で、私にとっても大切な一冊になった。イギリスに住む著者と中学生の息子の日常を描く。難解な記述はどこにもなく、お風呂上がりにソファに横になりながら気楽に読める。なのに人物の行動が、言葉が、激しく揺さぶりをかけてくる。
 なかでも「多様性」という言葉は鮮烈だった。多様性はない方が楽だけれど、楽ばっかりしていると無知になる――この言葉が強く印象に残った。
 「おめえ、ちょっとアンプの音量を落としてくれねえか」と、べらんめぇ調のアイルランド人の夫がまた素敵。何度も読み返したくなる本。

ブレイディみかこ拡大ブレイディみかこ

カルロ・ロヴェッリ『時間は存在しない』(冨永星訳、NHK出版)
 タイトルから懐疑的な気持ちで手に取ったのだが、読み進むうちに引き込まれた。
 本書では「今」という概念に意味がないと述べる。何光年か先に移り住んだとき、地球の家族は「今」なにをしているのか、と問うこと自体に意味がない、と。とはいえ私たちは時間の概念から離れられない。後半でその理由を考えていくのだが、進化や脳科学、ブッダ、詩人や哲学者などが次々に話題を展開する。難解なところもあったが、時間と空間を超えた思索の旅をさせてもらった。

川北稔著『8050問題の深層――「限界家族」をどう救うか』(NHK出版新書)
 今年、ひきこもり状態だった人が関連する事件があり手に取った。本書では61万人超いる40~60代のひきこもり状態にある人とその親の問題を取り上げる。
 就職の失敗や交通事故など、ひきこもりのきっかけは他人事ではない。親たちもいつまで続くのかと苦悩する。そこには恥の意識からくる孤独がある。
 もっと早く社会が手を打っていたならば。そのとき何もなくても、20年後に顕在化してくるのだ。未来を今、考える必要性を思い知らされた。

 プライベートな時間は物語の世界に逃避行している私だが、なぜか読んでも頭に入ってこない時期があった。そんなときに出会った若松英輔さんの『本を読めなくなった人のための読書論』(亜紀書房)。寄り添うような文章に励まされた。小説は、8年ぶりに新刊が出た大沢在昌さんの『暗約領域 Ⅺ 新宿鮫』(光文社)を愛おしく読んだ。前作で最大の理解者を失った主人公にとって、新しいフェーズに入ったかのような今作。30年間、鮫を活躍させ続けている著者の仕事ぶりにも感動。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。