メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 『丹下左膳余話 百万両の壺』は“神品”

ユーモアと人情、絶妙に転がるドラマ

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 新年早々、東京の神保町シアターで驚愕の特集が始まる。伝説の天才監督・山中貞雄の生誕110年、および“アウトロー・ヒーロー”国定忠治の生誕210年を記念しての、「新春時代劇傑作選2020」である。ラインナップは、28歳の若さで戦病死した山中貞雄の『丹下左膳余話 百万両の壺』(1935)、『河内山宗俊』(1936)、『人情紙風船』(1937、遺作)――残存する山中作品はこの3本のみ(DVDあり)――、巨匠・伊藤大輔の、1992年にフィルムが発見された貴重なサイレント作品『忠次旅日記』(1927)、名匠・マキノ雅弘の『八州遊侠伝 男の盃』(1963、藤純子のデビュー作)。

山中貞雄拡大山中貞雄(1909―1938)
 いずれも見逃せない演目だが、今回は日本映画史上の傑作中の傑作、と言っても足りないほどの、まさしく“神品”と呼ぶしかない、山中貞雄の『丹下左膳余話 百万両の壺』を取り上げたい。

 題名のごとく『百万両』は、かの隻眼隻手(せきがんせきしゅ)の怪剣士、丹下左膳ものの1本である。しかしこの映画では、それ以前の、大河内傳次郎扮する伊藤大輔の2作品などで人気を博した、殺気に溢れたニヒルで悲愴な剣客とは打って変わった、剣の腕は立つがお人好しの左膳を同じく大河内が演じるが、その軽やかで飄々(ひょうひょう)たるモダンな作風、および見る者の琴線に触れる<情>の描写が、ひたすら素晴らしい(“丹下左膳異聞”ともいうべき本作では、役者らはみな、のんびりとした心地よいメロディーに乗って、現代調のセリフを喋る)。

 いきおい、『百万両』をしいてジャンル分けするなら、丹下左膳映画を換骨奪胎したコメディー仕立ての人情時代劇、となろうか(伊藤大輔が撮る予定だった3作目の左膳ものを、伊藤が1934年に日活を退社したため、急きょ25歳の(!)山中が任された)。

『丹下左膳余話 百万両の壺』拡大『丹下左膳余話 百万両の壺』

――百万両の隠し場所を記した絵図面が塗り込められた「こけ猿の壺」探索譚に、丹下左膳/大河内傳次郎、彼が用心棒として居候している矢場の女将・お藤(喜代三)、そして孤児のちょび安(宗春太郎)が絡む、というのが物語の枠組みだが、プロットとしてユニークなのは、左膳の登場に先立って、柳生一門内の壺の争奪戦がユーモラスに描かれる点だ。

 すなわち、ひょんなことから壺の所有者となっている、剣術の道場主であり恐妻家の柳生源三郎(沢村国太郎)は、壺の秘密などつゆ知らなかったが、藩主である彼の兄・柳生対馬守(阪東勝太郎)がなんとか壺を手に入れようと画策するも、兄に壺を渡そうとはしない。おっとり屋で機転が利くようには見えない源三郎が――ただし真相に気づいたのではなく、常日ごろ婿養子の自分を見下している兄の態度が気に入らぬ、という理由から――、のらりくらりと兄の要望をかわすところが、ひどくおかしい(長門裕之と津川雅彦の父であり、沢村貞子と加藤大介の兄である沢村国太郎の、のほほんとしたノンシャランな演技も最高)。

 やがて屑屋(高勢實乗・鳥羽陽之助の極楽コンビ)に売られた壺は、巡り巡ってちょび安の金魚鉢になるが、左膳とお藤は、父を刺殺され孤児となったちょび安を引き取ることに。さらに矢場で働く可憐な娘・お久(深水藤子)に一目惚れして彼女と恋仲になった源三郎が、足しげく矢場に通い始め、左膳、お藤とも親しくなる……というふうに、お家騒動的壺探し、ちょび安をめぐる人情劇、源三郎とお久の恋、左膳とヤクザ者の対決、などなどが歯車のように緊密にかみ合い、ドラマは絶妙に転がる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る