メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

超有名なお酒好きの大先輩を偲んで、一杯

彼は音楽ができる人なら誰にでも優しく接し、そして誰よりも美しく奏でた

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

ロッキー山麓の忘れられない夜

 アメリカのコロラド州。周囲を赤い岩に囲まれたロッキー山脈の麓。まるでアメリカの映画にでも出てきそうな、何マイル先まで何もない田舎のモーテルだった。

 訪れる時期が毎年かわらず6月中旬なのは、一年に一回、韓国からアメリカに養子縁組で渡米した子どもたちのルーツ探しのキャンプ(ヘリテイジ・キャンプ)が開催され、私は韓国伝統音楽のワークショップをしに行くからだった。

 およそ20年位前、「スルギドゥン」という韓国国楽室内楽団で、いかにも映画に出てきそうなアメリカのモーテルに泊まった。そして事件が起きた。

 1日のスケジュールを終えて、15人くらいで、2階にある一つの部屋で楽しく打ち上げていた。

 さすが韓国のミュージシャンたち、よく飲む!!

 2時間、3時間……時差も相当あるのに、宴会は終わらない。まだ私は20代で、その中では下から2番目に後輩であり、根をあげることはご法度で、負けずに、頑張った。

 その時。部屋に強いノックが。

 モーテルのマネージャーだった。

 私たちは、てっきり打ち上げで騒ぎすぎて、周りから苦情がきたのだと思った。

 だが、違った。

 マネージャー曰く、「絶対に外には出ないでください!い、今、外で銃を持った人が、ホテルの前にいますから!!」。

 えっーー!! なに――っ!!! アメリカー!!

 えらいこっちゃ、と思った。

拡大f11photo/Shutterstock.com

 よく聞いてみると、以前、このモーテルの従業員だった人が、クビにされて、それに腹を立てて、1階のロビーの外で銃を構えておどしているということだった。

 もう、びっくりして、みんな一瞬凍った。

 けどけど、なんと、なんと! 打ち上げの最中、部屋の中なら安全!と、それでもみんな飲み続けた。

 間もなく、アメリカの何台ものパトカーのサイレン音。

 警察来たから、もう大丈夫だよ!なんて、言いながら打ち上げは終わらない。

 その時である。

 スルギドゥンのリーダー、イ・ジュノさん。彼は格別のお酒好き。業界でも超有名。

 「ヨンチ!ロビー行って、ビール買って来い!」と。

 「いや、あの、イ・ジュノ先輩、お話聞いてませんでしたか? 外には出るなと……」

 「知ってる! それがどうした! 大丈夫や! 弾くらいよけれる! 早く行け! ビールがない!」

 韓国の業界は上下関係が鉄則!! こうなると、どうにもならない……。

 意を決し、私はビールを買いに行くことに。

 私は、四つん這いになって、2階の外廊下を進み、階段を下り、ゆっくりと、1階のロビーまで。ロビーに着くと、ロビーの従業員が「何してるんだ! 部屋にいて!」。

 「ち、違うんです。ビール、ビール買いに来ました」

 「オーマイガッ!!」

 「そう、オーマイガッ! でも酒持って行かないと、私も殺される……」

 それでも、ビールを10本くらいもらって、帰りも四つん這いで、2階の外廊下を這っていると、銃声が!! 思わず、地面に寝転んで、そしてピューマ並みの速さで、部屋にかえった。

 ――その銃声は、その元従業員がその場で自殺した銃声だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る