メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

スター・ウォーズ!違う星の部族の音楽にしびれる

見たことも、聞いたことも無い、架空の文化圏の音楽を想像し、演出し、創造する凄さ!

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

架空の文化圏の音楽を想像し、演出し、創造する!

 スター・ウォーズの、何が良いかって?

 まず絶対的に演出。センスが良い。

 映画とかドラマの演出って、センスなんだよね。世界観。空気観。

 音楽で言ったら、音色だろうね。食事で例えたら、見た目、とか、香りかなあ…。

 パッと見たらよく分からないけど、それはそれでかなりちゃんと構成されて、考え抜かれて、計算されてこそ、全体ができてるんだよね。

 一つだった創造物が、たくさんの匠たちが集まって、壮大な作品になるって、凄いことですよね。素晴らしい!

 私個人的には、スター・ウォーズのどの作品にも出てくるのですが、音楽演奏のシーンが気になるところなんです。

 たとえば、どこかの星にあるBARで、生演奏されている音楽とか。

 違う星の部族たちが、祭りで奏でている音楽や踊りを見せてくれます。

 これは、かなりしびれます。私には特に。

 だって、見たことも、聞いたことも無い、架空の文化圏の音楽を想像し、演出し創造しなければいけないんですから。

 けどすごいのが、ホントに、そんな感じのサウンドが出ているんですよ!

 楽器なんかも想像して作っているし、踊りの振り付けなんかも、ちょうど感じがいいんですよ。大したもんです。ホント。

拡大ダースベイダー役の俳優が着用した衣装=2019年10月17日、品川区東品川

 それと、スター・ウォーズには、たくさんのいろいろな星人たちが登場します。沢山。

 姿かたちはそれぞれで、大きかったり、小さかったり、それで、色も白かったり、黒かったり、赤かったり、青かったり、いろいろ。

 ここで思った。

 私は日本で生まれた韓国人として、幼い頃からこの映画を見て、そして、スター・ウォーズの作者たちのからメッセージだと思って、映画を捉えていた。

 この地球上には、人種差別や民族差別がたくさんある。

 けど、この作品では、すべての宇宙の星人たちは一緒になっているよって。仲良くできるんだよって。

 メインは戦争、仕方ない。物語だからね。

 だって戦争モノじゃなかったら、確かにこんなに興行的に大成功しなかったかもしれません。だから、ハリウッド作品は大体がアクションモノだもんね。

 そういえばアメリカに住んでいる私の友だちが、こう言ってたわ。「アメリカ人は、美しい暴力を、愛している。」と。

 そこで、アイ ハブ グッド アイディア。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ミン・ヨンチの記事

もっと見る