メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「リアルな貧困」を立体的に活写する2冊の本

自己責任論のしわ寄せを子どもに及ぼさないために

佐藤美奈子 編集者・批評家

 昨年(2019)後半、ブレイディみかこ著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)が、毎日出版文化賞特別賞、Yahoo!ニュース 本屋大賞2019ノンフィクション本大賞、ブクログ大賞(エッセイ・ノンフィクション部門)をはじめ、立て続けに複数の賞を受賞した。著者のブレイディ氏は時の人としてすっかりお馴染みになり、各所で多く書評も紹介もされているので、いまさらこの欄で触れる必要がないほどかもしれない。

[神保町の匠]2019年の本 ベスト3(4)

 それでも、昨年10月に刊行された秋山千佳著『実像――広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実』(KADOKAWAWA)を読んだことで、あえて『ぼくはイエローで~』に光を当てたい思いが抑えられない。両者はともに、「リアルな貧しさ」と、子ども―大人の関係をめぐる現状に、当事者の立場からさらなる立体感を与えてくれる作品だ。なおかつ、見えにくいが確かにここにある問題をしっかり照らしている。だから本欄で、2著が描き出す光景をもとに、格差社会に特有な「リアルな貧しさ」と大人の関わりについて改めて考えてみたいのだ。

 『ぼくはイエローで~』は、音楽ライター、保育士といった経歴を十分に生かした独自で説得力ある視点が最大限発揮された、著者の他作品と比較してもとても読みやすい一冊だ。忙しくて本など読む暇がない、という人たちにも確かに届くと感じさせる一語一語が、本書と著者へのファンを増加させ続けている理由だろう。売れるのもうべなるかな、である。

ブレイディみかこ拡大ブレイディみかこ氏

 本書の特質と魅力は、たとえば新潮社特設サイト内で読める書評の一部を拾い上げるだけでもよくわかる。高橋源一郎氏評にあるように、「目の前にある、貧困。差別。格差。分断。憎しみ。『息子』と『わたし』は目を背けず、ユーモアを失わず、その中に入りこ」んでいく。その結果読者は、「最後に、自分たちの子どもや社会について考えざるをえなくなる」。

 それはつまり、三浦しをん氏評にあるように、「わたし」が「息子さんと楽しく真摯に会話したり、次々に起きる騒動にさりげなく一緒に向きあったりすることで、英国のみならず、日本も含めた世界中が直面している複雑さについて、誠実に考察を深めていく」からだ。また、そういう性質により、「これが『異国に暮らすひとたちの話』ではなく、『私たち一人一人の話』だと」感じる、というわけだ。

 だからもちろん、池上彰氏の次の評言にも深く頷いてしまう。「格差社会に生きる子どもたちと、彼らをとりまく大人たちの生活ぶりを同じ視線の高さで描いているところが、ほか(の英国社会を取り上げたノンフィクション作品)とは圧倒的に異なります」(カッコ内は引用者注)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤美奈子

佐藤美奈子(さとう・みなこ) 編集者・批評家

1972年生まれ。書評紙「図書新聞」で記者・編集者をつとめた後、2008年よりフリーランスに。現在、講談社などで書籍編集・ライターの仕事をし、光文社古典新訳文庫で編集スタッフをつとめる。自身の読書の上では吉田一穂、田村隆一といった詩人の存在が大きい。「死と死者の文学」を統一テーマに「古井由吉論」「いとうせいこう・古川日出男論」(各100枚)を『エディターシップ』2、3号に発表。