メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

野村義男、たのきんトリオのジャニーズ史的意義

太田省一 社会学者

 前回は、たのきんトリオのうち田原俊彦と近藤真彦についてみた。今回は、残るひとりである野村義男について述べる。そして最後に、たのきんトリオとはなんだったのかについて少し考えてみたい。

バンドデビューを選んだ野村義男

 ヨッちゃんこと野村義男は近藤真彦と同じ1964年生まれで、東京都出身。以前テレビ番組で本人が語っていたが、12歳のときに代々木公園でゴーカートに乗って遊んでいたところ、川崎麻世らを連れたジャニー喜多川と偶然に出会い、スカウトされた。その後Jr.としての活動を経て1979年に『3年B組金八先生』(TBSテレビ系、以下『金八先生』と表記)に出演することになる。

 そこで彼が演じたのは、3年B組の生徒・梶浦裕二。銭湯の息子という設定だった。第3話はこの裕二がメインの回である。裕二は、実家の銭湯に通ってくる女子高生を好きになってしまい、その姿を朝ひと目見ようとして毎日遅刻してしまう。それを知った金八は、万葉集を引きながら「愛」についての授業をおこなう。

 この話からもわかるように、裕二はいかにも中学生らしい純朴な面を持つ生徒として描かれている。下町にある銭湯の息子というところでは、庶民性が強調されていた。ちょっとたれ目のルックスが魅力の野村義男が醸し出す柔和な雰囲気は、そのようなイメージともぴったりだった。

 たのきんトリオの一角であった彼に、周囲は当然早く歌手デビューすることを期待した。だが結局、近藤真彦の歌手デビューから2年以上の間が空くことになった。

THE GOOD-BYEである。デビュー拡大ロックバンド「THE GOOD-BYE」でデビューしたころの野村義男=1983年、OP写真通信社
 野村義男は音楽に興味がなかったわけではない。むしろ逆である。小学生からギターを弾いていた彼は、中学生になると「ロック御三家」のひとりCharの音楽にふれ、エレキギターの魅力にとりつかれる。そんなギターとの付き合いは、たのきんトリオになってもずっと続いていた。いつもギターを手元から離さずにいる彼の姿を覚えているひともいるだろう。

 したがって、ソロでアルバムを1枚出した後、野村義男がロックバンドとしてデビューすることを選んだのはある意味必然であった。

 そのロックバンドが、野村、曽我泰久、加賀八郎、衛藤浩一の4人からなるTHE GOOD-BYEである。デビュー曲「気まぐれONE WAY BOY」(1983年発売)は、オリコン週間チャートで9位を記録。さらにこの曲で1983年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、これによってたのきんトリオは全員同賞に輝くことになった。

 その後もTHE GOOD-BYEは野村義男と曽我泰久のツインボーカルを中心に、自作曲「You惑-May惑」(1984年発売)をヒットさせるなど順調に活動を続けた。バンドとしても熟成され、その音楽的クオリティも上がっていった。

野村義男(右)と曽我泰久 2004年拡大「THE GOOD-BYE」で活動を続けた野村義男(右)と曽我泰久=2004年

 だがレコード売り上げなど数字面になると、田原俊彦や近藤真彦と肩を並べるまでには至らなかった。『ザ・ベストテン』(TBSテレビ系)の急上昇曲を紹介する「スポットライト」のコーナーに「気まぐれONE WAY BOY」でTHE GOOD-BYEが出演した際、その日出演していた近藤真彦が「最初で最後の出演」と茶化したら、結局その通りになってしまったというエピソードは有名だろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る