メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

韓国のアイドルと日本のアイドル

BTSはなぜ米国でも成功したか? 日本のアイドルは音楽以外で忙しすぎるのです

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

韓国にはかつて歌詞の検閲があった

 韓国の場合、文化的岐路は、1988年のオリンピック。その前までは、輸入や輸出、文化においてもたくさんの制約があった。海外の食品や製品などが、ほとんどというくらい輸入されず、国民の手には入らなかったのだ。

 音楽に関しては国内の歌(歌詞)にも、もちろん制限がかけられ、外国の歌も駄目だった。なぜなら、歌詞に、検閲があったからだ。美しく健全なのがOKで、すこしでも、セクシャルやヴァイオレンス、社会批判的な要素が含まれていると、駄目であった。

拡大Marek Kulhavy/Shutterstock.com
 しかも、国内の歌手のレコードやテープを買うと、必ず1曲は健全歌謡曲が収録されていた。

 子どもたちが歌っている、童謡みたいなノリの曲が急に1曲流れ出るのだ。

 海外のものにはさすがに健全歌謡曲は無かったが、その当時の韓国からしては、海外の歌詞は刺激が多かったのでしょう。ほとんどの歌がカットされていました。

 僕の大好きなデビッドボウイのアルバムには、もともと15曲くらいなのに、2、3曲入っていたか、もしくは売っていなかったか。

 マイケルジャクソンはほとんど、入ってたなあ。プリンスはほぼ無理。

 ビートルズでさえ初期の歌たちは良かったが、中期、後期のアルバムは、売っていても、ほぼ曲が入っておらず、なので、韓国ではビートルズの中期以後の作品で有名なのは、いまだに、イエローサブマリンと、オブラディ・オブラダくらい……。

 けど、ホントの洋楽ファンたちは、米軍基地のそばとかで海賊版などを買って、聞いてたらしいけどね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ミン・ヨンチの記事

もっと見る