メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型ウイルスや不景気で暗い世の中には笑いがいちばん!

音楽の隣には笑いがある。笑いは最高!!

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

 日本のTVで有名な番組『すべらない話』。誰でも一つは必ず面白い話を持っている、という発想から松本人志さんが作った、テレビプログラム。面白い! 大ファンである。

 もちろんそのすべらない話は、日本だけではなく、世界中の人たちにもあるだろうし、そして韓国にも有名なすべらない話が数々ある。

 私、つい最近、韓国で健康診断を受けた。「国民健康検診」で、40歳から無料でやってもらえる。手続きも簡単で、とても親切。内容は、基礎検査、血液、胃カメラ、などなど。

 何回か受けてはいるが、日本でも韓国でも、そう気持ちのいいものではない。

 そして、今回。気持ち悪いの極み!

 それは、前もって病院からの電話で知らされた。

 「今年からは大腸がんの検査のため、検便がありますので、当日持ってきてください」

 えーーっ!!そんなの、やったことないよーーー!! 日本で育った私世代にはそう思う人もいるでしょう。

 フフフ……でも、私は大丈夫。

 私は、こちらで高校を出ている。その時にすでに経験済みなのだ。やり方も知ってるのだ。

 読者の皆さん、何の自慢かと思うでしょうね。少しお付き合い願います。

拡大Olga1818/Shutterstock.com

本当にあった実話

 えーーっと、方法はと言うと……高校時代にさかのぼって記憶を辿ってみた。

 途中過程は読者の皆さんのために省略して、そのモノを小さなビニールに入れ、それをきれいな封筒に入れて、名前を書けばいいのだ。

 当時、高校では、それを教室の後ろの方にある、大きなビニール袋に入れる。

 ある時なんかは、最悪で、そのビニール袋の近くに私の席があったのである。

 回収されても、においが漂っているようで、その日1日、悪臭の中で、もがいていたのを覚えている。

 それは、こっちの慣れている子たちにしても嫌な行事で、犬や猫の物を持って来たり、色々な手を使ったりしている。もちろん、犬や猫のモノを持って行った子は、すぐに保健所から呼び出しがかかって、再検査なんだけどね。

 で、ここからが、すべらない話!!

 僕の友だちから聞いた話。その子が中学生の時、検便の提出日にそのモノを持って来なかったのだ。

 担任の先生は、ひどく怒って、とにかく今日中になんとかしろ!と。

 そこで困ったかれは、学校にある公衆電話から、彼の家にいる、OLの姉に電話。

「とにかく、困っている、すまないが、姉貴のを持ってきてくれ」

 当然、姉はかわいい弟のためと、嫌々でも覚悟を決めて、トイレへ向かった。そして、そのモノをビニールに入れ、それをさらに、銀行のきれいな封筒にいれ、弟の待つ学校へ急いだ。

 優しい姉である。

 けど、なんと! その道中、銀行の前で信号待ちしていた時、その封筒をスリに取られてしまった……。

 と、言う話。

 これはすごい話である! よくできているし、本当に実話なのです。

 学校で待っている弟!

 スリにあった姉!

 封筒を開けた時のスリ!

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る