メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

紅ゆずるインタビュー/上

新たに開拓していく道を一緒に考えていただけたら

真名子陽子 ライター、エディター


 2019年10月に宝塚歌劇団を退団した元星組トップスターの紅ゆずるさんが、退団後初となるコンサート『紅-ing!!』を、2月6日から梅田芸術劇場メインホールで上演中です(~9日まで。東京公演は13日~15日・東京国際フォーラム ホールC)。

 構成・演出は宝塚歌劇団の演出家・藤井大介さんが担当。キャストには、紅さんがリーダーで在団中にブレイクさせた5人組ユニット「紅5」から、壱城あずささんと如月蓮さん、そして、宇月颯さんや梅咲衣舞さん、十碧れいやさん、華鳥礼良さんといった、宝塚の卒業性が集結。さらに、小南竜平さんと田極翼さんの男性キャストが入り、スペシャルゲストには歌広場淳さんと美弥るりかさんと、紅さんらしいバラエティ豊かなショーになりそうな予感が満載です。

 紅さんにインタビューを行い、コンサートについて、退団してから感じたこと、そして、これからについて大いに語っていただきました。また、『紅-ing!!』の舞台写真も届きましたので掲載しています(ネタバレになりますのでご注意ください)。

今までやってきた事にプラス“何か”を

拡大紅ゆずる=安田新之助 撮影

――退団後の最初のお仕事にコンサートを選ばれた理由を聞かせてください。

 どうやって男役から変わっていくのか、私自身がドギマギしているように、ファンの皆さんも、これからどうしていくんだろうと思っていらっしゃると思うんです。急に女性役を演じると、え!?って戸惑われることがあるかもしれないと思ったので、在団中にお世話になった藤井大介先生に演出をお願いしました。そしてキャストは、今まで苦楽を共にした仲間たちですので、新たに開拓していく道を一緒に作っていけたらと思っています。今までの歩みをわかってくださる先生方が携わってくださいます。新たな紅ゆずるというより、今までがあったからこそ紅ゆずるは今ここにいるんだという事を、皆さんと一緒に楽しみたいと思いました。

――タイトルの『紅-ing!!』は?

 「紅、続行」という意味を込めました。いろいろと考えたのですが、何十年もやってきたものを急に新しくするほどの器用さは持ち合わせていないので、今までやってきた事にプラス“何か”があればいいなと思って決めました。

――どんなコンサートになるんでしょう?

 皆さまに楽しんでいただける、皆さまが笑顔になっていただけるものにしたいですね。やはり舞台の良さというのは、一方的にお届けしたものを受け取っていただくのではなく、お互いが発信する中で一つの作品ができ上がると思っていますので、そのために楽しい、笑える場面も必要かなと。パフォーマンスというよりエンターテインメントのひとつとして笑って楽しんでいただけたらと思います。

男性との共演、少しは女性っぽく見えるのかなと期待

拡大紅ゆずる=安田新之助 撮影

――「紅5」のメンバーの方も出演されます。

 「紅5」のメンバーが一番私のことをわかってくれているんじゃないかと思っています。今回、出演してもらえるのは心強いですし、すごくうれしいですね。

――そして、紅さんのファンを公言されている歌広場淳さんも出演されます。

 在団中からファンでいてくださって、公演も観に来てくださいました。今回はお仕事を通して、一般のファンの皆さんが踏み込めないことまで聞いてくださるかなと思っています。ファンの方が知りたいことを歌広場さんのお力をお借りして、ファンの方も喜んでいただけるトークになればと思います。

――小南さんと田極さん、男性の方と共演するのは初めてですね。

 はい、まったく想像がつかないです。今まで、燕尾服やモーニング、タキシードの着方や髪型など、男性を研究してきたので、男性と共演するとはどういうことなんだろうと。何をどうしていいか全然わからないです。でも、男性の方が両脇にいてくださったら、少しは女性っぽく見えるのかなと期待しています(笑)。他のメンバーも宝塚人生が長い人達ばかりで、退団してからいろいろ苦労があったと思うので、そういうことも聞きつつやっていきたいなと思います。もし、女性らしい場面を求められるのであれば、どうすれば女性らしく見えるか……吸収していきたいなと思います。

拡大『紅-ing!!』公演から=岸隆子(Studio Elenish)撮影

――共演者の元男役の方は、男役風になって歌われたりするんですか?

 退団されて新しく女優としての道を突き進んでいるのに、もう1度男役に戻すのは申し訳ないなと思うんです。だから、あまり私からそういう提案をしようとは考えていないですね。

――そこは、藤井先生にお任せですね。

 そうですね、お任せしようと思っています。皆さん、女優としての先輩なので、そういったところを舞台上だけではなく、お稽古する中でも見せてもらいながら勉強しようと思います。

◆公演情報◆
拡大
紅ゆずる 1stCONCERT『紅-ing!!』
大阪:2020年2月6日(木)~2月9日(日) 梅田芸術劇場メインホール
東京:2020年2月13日(木)~2月15日(土) 東京国際フォーラム ホールC
公式ホームページ
[スタッフ]
構成・演出:藤井大介(宝塚歌劇団)
音楽:青木朝子、手島恭子
振付:若央りさ、港ゆりか、永野亮比己
[出演]
紅ゆずる
壱城あずさ、如月 蓮、宇月 颯
梅咲衣舞、十碧れいや、華鳥礼良、小南竜平、田極 翼
スペシャルゲスト/歌広場 淳(2/7 12:00・2/13 18:00)、美弥るりか(東京公演のみ)
 
〈紅ゆずるプロフィル〉
 2002年、宝塚歌劇団に第88期生として入団し星組に配属される。2016年、星組トップスターに就任。2019年、『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』をもって退団。2020年3月、越路吹雪40回忌コンサート『Après Toi~アプレ・トワ』出演、4月~5月『紅ゆずるディナーショー ~The Birth~』開催、そして6月に『新橋演舞場シリーズ 熱海五郎一座』への出演が決まっている。
公式ホームページ

・・・ログインして読む
(残り:約779文字/本文:約3272文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る