メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「ふつうの」展覧会ができるまで【上】

春の府中に「美しい絵」が勢ぞろい、その裏側をたっぷり

金子信久 府中市美術館学芸員(日本美術史)

「ふつう」は「平凡」じゃない

拡大岸駒「猛虎図」
 こんな展覧会を開催したいと敦賀市立博物館に申し出たのは、一昨年のこと。展覧会でお借りした作品の返却に上がった時のことである。大それた計画なので、まずはそれとなく打診してみようと思い、収蔵庫での作業が終わった時に、恐る恐る話してみたところ、前向きな感触を得ることができた。そこで、開催時期や準備の進め方などを練って、改めて敦賀を訪問し、具体的な提案をさせていただいた。

 こんなふうにして、敦賀コレクションの展覧会の開催が決まったわけだが、タイトルが「敦賀市立博物館所蔵品展」では、いささか地味だ。ぜひ見てほしいものがあっての企画なのだから、それを端的に表す言葉はないものか、これにはずいぶん長い間苦心した。

 アイディアが出てくるのを期待して、出版関係の人などに、「こんな感じの展覧会なんですけど……」と、いくつかの作品の図版を見てもらったりもした。けれども、見た瞬間に黙ってしまう。

 見れば「平凡な絵だなあ」と顔に書いてある。パッと、派手な個性で人を惹きつける作品ではないからだろう。

 ところがある時、スタッフの一人から「ふつうの系譜というのは、どうですか?」というアイディアが飛び出した。

 私も一瞬でまいってしまって、即座に「奇想でなければ、ふつう……なんて素晴らしいタイトルだろう。何としてもこの案を通したい」と心に決めた。

 「ふつう」は、もちろん「平凡」ということではない。きれいだったり楽しかったりするのが美術だとすれば、その本来の姿、つまり、ふつうのあり方がぎっしりと詰まっているのが、敦賀コレクションなのである。

 タイトルが決まれば、次は作品選びである。府中市美術館で展示できるのは、前期と後期の展示替えをしても、せいぜい100点。300点以上のコレクションから、作品を絞らなければならない。そのリストアップは私がさせていただき、ようやくリストの原案ができたのが、昨年8月の末である。

拡大浮田一蕙(うきた・いっけい)「隅田川図」

(次回に続く)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金子信久

金子信久(かねこ・のぶひさ) 府中市美術館学芸員(日本美術史)

1962年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。専門は江戸時代絵画史。企画担当展覧会は「司馬江漢の絵画 西洋との接触、葛藤と確信」「亜欧堂田善の時代」「動物絵画の100年 1751-1850」「かわいい江戸絵画」「歌川国芳 21世紀の絵画力」「リアル 最大の奇抜」「へそまがり日本美術」ほか。著書は『もっと知りたい長沢蘆雪』(東京美術)、『めでる国芳ブック』(ねこ・おどろかす・どうぶつ、大福書林)、『日本美術全集』(14「若冲・応挙、みやこの奇想」・15「浮世絵と江戸の美術」、共著、小学館)、『たのしい日本美術 江戸かわいい動物』(講談社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金子信久の記事

もっと見る