メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『リチャード・ジュエル』と『テッド・バンディ』、主人公の人物像に迫る

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 今回は前回に引きつづき、映画『リチャード・ジュエル』『テッド・バンディ』(以下、『ジュエル』と『バンディ』と略)における、主人公の人物像を比較していきたい。まずは、両作における<証拠>と<冤罪>というモチーフをみてみよう。

 『バンディ』では、数々の有力な証拠や証言が相次いだ結果、連続殺人鬼テッド・バンディは有罪判決を受け、死刑に処せられた。そのさい決定的な証拠となったのが、FBIの科学捜査研究所が、彼の愛車フォルクスワーゲンの中から被害者の一人の毛髪と「ほぼ同じ」毛髪を発見したこと、また、被害者の一人の臀部に付けられた噛み跡の歯形が、バンディのそれと一致したことであった。しかしながら、犯罪心理学者で法政大学教授の越智啓太によれば、現在の裁判でこれらの証拠は死刑の裏付けになるほど強力かといえば、そうではないという(パンフレット)。

『テッド・バンディ』 全国ロードショー中  配給:ファントム・フィルム  ©2018 Wicked Nevada,LLC拡大『テッド・バンディ』 全国ロードショー中  配給:ファントム・フィルム  ©2018 Wicked Nevada,LLC

 つまりこれは、バンディに有罪判決を下す決め手となった証拠資料が、物的証拠ではなく、状況証拠/間接証拠であった可能性はゼロではない、ということだ(これはバンディが、被害者の遺体をきわめて巧妙に処理した、ということでもある)。

 まあ、ここでは物的証拠と状況証拠の境界の曖昧さ、という難問についてはこれ以上踏み込まないとして、FBIの誤った捜査により、無実のリチャード・ジュエルが“冤罪”をこうむったのに対し、テッド・バンディは、自らの犯した凶悪犯罪を隠蔽すべく冤罪を主張したのだ(なお、バンディは死刑が目前に迫った時、執行を先延ばしさせるためか、自らの犯した殺人を部分的に自白する、という“奥の手”を使うが、そこまでして生き延びようとした彼のメンタルの強さは、まったくもって驚きだ)。

 ともあれ、ジュエルの場合はあくまで冤罪がリアルなものであったのに対し、バンディの場合はそれがアンリアルな(事実に反する)創作であったわけだ。この点でも両者は好対照をなしている。ちなみに、ジュエルは映画の終盤で、捜査官に物的証拠がない、と主張して「無実」を勝ち取る。

リチャード・ジュエルさん 1997年10月東京都千代田区神田駿河台の明治大拡大来日し、捜査当局の手法やメディアのあり方について講演したリチャード・ジュエルさん=1997年10月、明治大学で

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る