メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

人間国宝の師匠は言った。「ヨンチ、もっと自由に音楽を表現しなさい」

伝統音楽とJAZZはよく似ている。ライブを生で見ないと、本当の良さはわからない!

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

 ジャズと韓国伝統音楽。それぞれ違うジャンルとして認識されている。

 では、それを一緒に奏でた音楽は、一体何のジャンルになるのであろうか?

 新しいジャンル?

 まあ、そもそも、私は、音楽にジャンルなど無いと思っていますけど。

日本ツアーに行ってきました!

 2月の初め、日本に行き、JAZZユニット トライソニークWITHミン・ヨンチで、名古屋、大阪、京都、東京の有名ジャズハウスツアーを行ってきました。

拡大テグム(横笛)を演奏する筆者=2019年、ソウル南山国楽堂

 まずはソウルから名古屋にインしたのですが、いつも人で超ごったがえしている、インチョン国際空港がなんとガラガラ。コロナウイルスの影響ですね。

 朝8時発の飛行機だから、いつもだったら2時間前の6時には空港に着き、チェックインなどの手続きをすると丁度いいタイムなので、逆計算し朝4時に起きて家を出発。

 ところがどっこい、その日はインチョン空港がガラガラなので、飛行機の搭乗口になんと1時間40分前に着いてしまった。家でもうちょっと寝れたのに。

 そして名古屋に着き、ホテルに荷物だけを置いて、久々の日本でのランチ!

 これが大事なのである! ほぼ3か月ぶりくらいの日本食! 日本で食べたいものが、もうすでに私の頭の中で、容量オーバーしていた。

 そのツアーのコンディションにも関わる程、食は重要だ。

 しかも日本に行く何日か前から、日本に行けば、あれも食べて、これも食べてと、妄想しシュミレーションまでしていたが、結局、私の足が自然に向いたのは、餃子の王将!!

 どんな日本食目当ての外国人観光客も、第一食目に餃子の王将には行かないと思うよ。

 餃子の王将は、中国料理が日本人好みの味のミックスにより成功した、日本大衆中華料理! 一つのジャンルを確立したに違いない。

 日本で生まれ育った私には、故郷の味なのである。王将さんいつもありがとう。

 まあ、とにかく、それから、名古屋の栄にある、ジャズハウス「ラブリー」に入ってトライソニークのみんなと再会。

 簡単な挨拶を済ませ、すぐに、リハーサル。これが面白い。

 JAZZの人たちにもよるのでしょうが、去年も一緒にツアーを回ったせいか、あまりリハーサルをちゃんとしない。サウンドチェック程度と、曲順の確認程度で終わる。もう慣れているので、びっくりはしなかったが、私だけは久々のJAZZとの共演。緊張ものである。

 けどもう実は、ここからJAZZは始まっているのです。

 それからの、名古屋、大阪、京都、東京のトライソニークとのライブは、曲順、曲名は一緒なのに、毎回毎回違う演奏をするのである!!

 これには普段、韓国伝統音楽をメインに活動している私にとっては、地獄、いや、拷問である。

 けどね、これは、すごいと思うんですよ。本当に。

 なんでかというと、それほど、音楽に対する引き出しが多いという事になるからです。

 でね、移動中、たまらなくて私が、「どうしていつもいつも演奏がちがうの?」って聞いたら、こう答えるんですよ。

 「違う景色が観たいからかなあ」

 ――だって!! かっこいいーーー!!! 私もそんなん言うてみたいわーー!

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る