メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「ヘイト本」隆盛の時代、本を届ける思いがけない仕掛けと試み

堀 由紀子 編集者・KADOKAWA

 書店の店頭をぶらついていると、目に飛び込んできた黄色いカバー。そのタイトルを見てぎょっとした。『私は本屋が好きでした』(太郎次郎エディタス)。タイトルはけんか腰だが、サブタイトルには強い問題がにじむ。「あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏」。本書はヘイト本が書店店頭から消えない理由を丁寧な取材で明らかにしていく。

 わたしは今でももちろん本屋さんが大好きだが、ある時期から、扇情的で特定の人種や国を罵ったタイトルをつけた本が、平台の一角を占めるのを見て沈んだ気持ちになっていた(平台というのは、本が平らに並べられているところで、本の表紙(カバー)やオビが見える。対照的に「棚差し」は、棚に並べられることで、その本は背表紙しか見えない。いうまでもないが、平台の方がお客さんの目に入るから、購入してもらえる確率が高い)。

 平台に置いてもらえるということは、書店員さんの期待の裏返しともいえる。つまり、一角を占めるヘイト本が、売れることの証左でもある。

 著者の永江朗さんはまず、「少し長いまえがき」でまず、「ヘイト本」をヘイト本と呼んでいいのか、という素朴な疑問を発し、「正確には『差別を助長し、少数者への攻撃を扇動する、憎悪に満ちた本』」と定義する。

 そして、取材をはじめたのは2015年の初夏で、刊行までに丸4年もかかったことを告白する。なぜ時間がかかったのかといえば、すっかりいやになったからだ、という。ヘイト本について調べたり考えたりしていると不愉快になり、自分の残りの人生を考えたときに、「時間がもったいないではないか」。

 そうやって書き上げられたのが本書だ。流通システム、街の本屋さん、チェーン書店、大型書店の店員さん、出版社、編集者、ライター、元ヘイト本の編集者、言論人、そしてヘイトスピーチに詳しいジャーナリストと、次々に取材していく。

 本書を読んでおどろいたのは、ヘイト本を作ってその考え方を広めたい、と思っている人は例外的ということだ。

 取次――出版社が刊行する本に物言いせず、流通させることに徹する。出版社――売れるジャンルに飛びついて、「イナゴのように食い尽くす」。編集者――仕事だから。大型書店――売り上げ減による人手不足で、取次から送られてきた本を並べるので精いっぱい。

 書籍に携わる人たちの責任の希薄さがヘイト本の隆盛に拍車をかけていた。永江さんの「出版界は(ナチス政権下の親衛隊将校だった)アイヒマンだらけ」という言葉が、出版の片隅にいる一人として胸に突き刺さる。

 そのなかでヘイト本の売り上げに頼らず、あの手この手で取り組む人が紹介されていて、少し気持ちが明るくなる。

 ある大型書店の店長さんは、ヘイト本を並べるのは気が進まないが、売り上げは取りたいし、そもそも書店員の一存で置かないことがいいとも思えず……と葛藤ののちに、「店長本気の一押し! Stop!! ヘイトスピーチ、ヘイト本」というフェアを行った。なんという逆転ホームランのような発想!

 ホームページにフェアの写真を載せたところ、クレームの電話がかかってきたが、誠実に、かつ堂々と対応することで電話を切ってくれたという。

「反ヘイト本」のコーナーに本を並べるジュンク堂書店難波店の福嶋聡店長2015拡大「反ヘイト本」のフェアを開いた書店の一つ、ジュンク堂書店難波店の福嶋聡店長=2015年7月

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

堀 由紀子

堀 由紀子(ほり・ゆきこ) 編集者・KADOKAWA

1975年、山梨県生まれ。1999年より角川書店で、主婦向けのテレビ誌「しってる?」、スポーツ誌「SPORT Yeah!」、都市情報誌「横浜ウォーカー」の編集に携わる。2012年より書籍編集に。担当した書籍は、柳田国男復刊シリーズ(角川ソフィア文庫)、黒田勝弘『隣国への足跡』、望月衣塑子『武器輸出と日本企業』、室井尚『文系学部解体』、柴田一成『とんでもなくおもしろい宇宙』など。ハードボイルド小説と自然科学系の本が好き。