メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

大谷亮平、ミュージカル初挑戦

ミュージカル『ボディガード』、スタートを切るにはこの上ない最高の作品

真名子陽子 ライター、エディター


 ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版が、3月19日に梅田芸術劇場メインホールにて開幕します(~29日まで。4月3日~19日東急シアターオーブ)。

 英国キャストによる来日公演を経て、今回は新演出版として生まれ変わる本作。宝塚歌劇『WEST SIDE STORY』の演出・振付を担当したジョシュア・ベルガッセが演出・振付を手掛け、日本キャスト版ならではの煌びやかな世界を創り上げます。

 キャストは、柚希礼音さんと新妻聖子さんが歌姫レイチェル役をWキャストで、レイチェルのボディガード、フランク役をミュージカル初挑戦となる大谷亮平さんが演じます。大谷さんの取材会が大阪で開かれ、本作への意気込みを語ってくれました。

ミュージカルにはいつか挑戦してみたいと

拡大大谷亮平=安田新之助 撮影

記者:初めてのミュージカル出演ですが、どんなお気持ちでしょうか?

大谷:とにかくチャレンジという気持ちです。ミュージカルにはいつか挑戦してみたいという思いがありました。舞台デビュー作品が何になるのか楽しみだったのですが、『ボディガード』に出演することが決まったときは本当に嬉しかったですし、とてもやりがいのある作品だと感じています。

記者:『ボディガード』という作品にはどのような印象をお持ちですか?

大谷:やはり、あの「I Will Always Love You」は世界中でヒットした曲でなじみがありますし、その楽曲を使った作品に関われることはとても光栄なことだと思っています。私が演じるフランク役も、挑戦する上でやりがいがあり、また、自分自身が今まで演じてきた役と通じる点が多く、新しいスタートを切るにはこの上ない最高の作品です。

記者:いつかはミュージカルに出たいと思っていらしたんですね。

大谷:そうですね、舞台のLIVE感と言いますか、お客さまの反応をその場で直に感じられたり、劇場での一体感だったり、映像とはまた違ったやりがいや満足感を得られるのではないかと思っていました。でも、いつかは…とは考えていましたが、思っていたより早くお話をいただいたかな……(笑)すごく楽しみです。

ビジュアル面も大切に、スキのないフランクを

拡大大谷亮平=安田新之助 撮影

記者:初ミュージカルということで、今から心がけていることは?

大谷:いろんな角度にお客さまがいらっしゃるという経験は映像ではありませんので、スーツ姿が映えるように体作りをしています。メインビジュアルにもあるようにスーツがビシッと似合うように意識しないといけませんし、キャラクターとして完璧でないとお客さまに納得していただけないと思うんです。気持ちの面での役作りももちろん、ビジュアル面も大切にして、スキのないフランクを創りたいです。

記者:来日公演を観劇された感想を教えてください。

大谷:最初のアップテンポな曲が始まったとたん、一気に期待値を超えていきました。あのライブだからこそのインパクトがすごくて、思わず泣きそうになるくらい圧倒され、心を掴まれました。自分が演じることを考えると、歌や芝居・ストーリーも、お客さまを惹きつけるパワーがないといけないと感じましたし、飽きさせないようにするには、かなりエネルギーが必要だなと思います。とても良い刺激をいただきました。ただ私たちは日本人キャストでやります。演出も新しいものになりますし、日本の方々に受け入れていただきやすい良い作品にしたいねと、柚希さんと新妻さんと3人で話しました。

記者:ホイットニー・ヒューストンの楽曲について、どんなイメージを持っていましたか?

大谷:しっとりとしたバラードのイメージが強かったのですが、この作品で歌われる曲にはパワフルなものもあり、来日版を観劇したときには、お客さまもまるでライブに来たかのようにノリノリで、印象がガラッと変わりました。今回の日本キャスト版では、日本語の歌詞になります。メロディーは皆さんご存知だと思うのですが、英語歌詞で耳にされることが多かったと思うので、今回、日本語で歌詞と共にお届けできることはキャストとして嬉しいですね。

レイチェル役の二人から依頼が…

拡大大谷亮平=安田新之助 撮影

記者:フランクはダンディでカッコイイ役ですが、どんな風に役作りをしようと?

大谷:映画版のフランクは、女性の理想像として描かれていますよね。男目線では、仕事に対する徹底した姿勢に目が行くのですが、役作りの際はこういう人であって欲しいという女性から見たフランク像を考えながら取り組みたいと思っています。というのも、レイチェル役のお二人から、フランクはこうあって欲しいという意見を結構頂いておりまして……(笑)。でも、それがすごくヒントになっているんです。女性からの視線も意識しながら、僕なりのフランクを創り上げていきたいなと思っています。

記者:具体的にレイチェル役のお二人からどんな依頼が?

大谷:プレイボーイに見えないようにして欲しいと。それは、レイチェルのお姉さんとの関係性の話になるのですが、お姉さんへのフランクの対応にドキドキハラハラするらしく、女性慣れしている人になって欲しくないと仰っていました。仕事は一流だけれども、恋愛に関しては慣れていないというか、自分がリードしていくタイプではない。そんな男の無骨さを出していければと思います。ちょっと欲張りですけど、女性からの見られ方も考えながら創っていきたいです。

記者:弱みを見せないフランクの姿に母性本能をくすぐられたりします。

大谷:男からしたらかわいいと言われるのはどうかなと思うんですけれども(笑)、女性の意見を聞くとそう思われるようですので、レイチェルからの期待を肝に置きながら、フランクの魅力を倍増させていきたいです。

「旦那をよろしく」「こちらこそ」と

拡大大谷亮平=安田新之助 撮影

記者:レイチェルのマネージャー役で内場勝則さんが出演されますね。

大谷:そうなんです。僕は吉本新喜劇を見て育ちましたから、不思議な感じです。コメディではないですし、内場さんはとても重要な役を演じられます。レイチェルを守るうえで、二人で密な会話をしますので、どういう掛け合いになるのか、今からすごく楽しみです。奥さまの未知やすえさんと番組で共演させていただいたときに隣の席でしたので、「旦那をよろしく」「こちらこそ」と、ご挨拶をさせていただきました(笑)。やはり子どもの頃からテレビで見ていた方とご一緒できることは光栄ですし、ましてや大阪の人にとって新喜劇は特別なものですから、本当に楽しみです。

記者:最後にメッセージをお願いします。

大谷:映画やホイットニー・ヒューストンの曲のイメージが強いと思いますが、ミュージカルならではのライブ感やステージの豪華さがふんだんに詰まっていますし、日本語で歌う楽曲を含め、より伝わりやすい作品になっています。多くの方に『ボディガード』を楽しんでいただければと思います。応援の程よろしくお願いいたします。

◆公演情報◆
ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版
大阪:2020年3月19日(木)~3月29日(日) 梅田芸術劇場メインホール
東京:2020年4月3日(金)~4月19日(日) 東急シアターオーブ
公式ホームページ
[スタッフ]
原作:ローレンス・カスダン作/ワーナー・ブラザース映画「ボディガード」
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
訳詞:森雪之丞
翻訳:阿部のぞみ
編曲:クリス・イーガン
演出・振付:ジョシュア・ベルガッセ
[キャスト]
柚希礼音・新妻聖子(Wキャスト)、大谷亮平/
AKANE LIV、/佐賀龍彦(LE VELVETS)・入野自由(Wキャスト)、水田航生、大山真志、/内場勝則 ほか

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る