メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

認知症の日常を演劇に、町の人たちとつくる

高齢者、認知症と楽しく生きる俳優の覚え書き(6)

菅原直樹 俳優・介護福祉士

 東京で俳優をしていた筆者は、岡山県に移住し、老人介護施設で働きながら、「老い・ぼけ・死」から名前をとった演劇集団「OiBokkeShi」を作った。ワークショップで出会った〝怪老人〟岡田忠雄さんを主役に、和気町を舞台にした初の公演『よみにちひはくれない』に臨んだ。

認知症の妻を介護する夫、実生活と同じ役を演じる

拡大『よみにちひはくれない』を演じる筆者(左)と岡田忠雄=岡山県和気町

 2015年3月、徘徊(はいかい)演劇『よみちにひはくれない』は無事に終了した。

 OiBokkeShiの記念すべき第1作は、実在の商店街を俳優と一緒に“徘徊”して鑑賞する、一風変わった舞台だった。

 この舞台を作るきっかけとなったのは、出演者の岡田忠雄さん(この時88歳)の介護体験だった。

 岡田さんは在宅で認知症の奥さんを介護しており、奥さんが知らぬ間に外に出て帰ってこられなくなってしまう、いわゆる“徘徊”の問題に悩まされていた。

 『よみちにひはくれない』では、岡田さんに、自身と同じ境遇、認知症の妻を介護している「定国のじいちゃん」役を演じてもらった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅原直樹

菅原直樹(すがわら・なおき) 俳優・介護福祉士

1983年宇都宮市生まれ。 「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。 2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。12年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開している。 18年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)を受賞。

菅原直樹の記事

もっと見る