メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

〈二子玉川 本屋博〉の大成功にみる、書店と本と本好きの希望

大槻慎二 編集者、田畑書店社主

 風は確かに冷たかった。けれどもそこにはいい空気が流れていた――それが〈本屋博〉を訪れた際に抱いた率直な印象だった。

 時は去る1月31日(金)と2月1日(土)。この冬でもっとも冷え込みがきつい2日間だった。所は東京・二子玉川駅の東口に広がる「二子玉川ライズ ガレリア」。ショッピングモールとオフィス棟の先に居住区が連なるファッショナブルな再開発区域である。そこに40の個性的な本屋が一堂に会する初めての試みが〈二子玉川 本屋博 2020〉だった。

〈二子玉川ライズ ガレリア〉で2日間にわたって行われた〈二子玉川 本屋博 2020〉」 拡大「二子玉川ライズ ガレリア」で1月31日と2月1日の2日間にわたって行われた「二子玉川 本屋博 2020」=提供:「二子玉川 蔦屋家電」

 来場者は3万3000人。とりわけそのうちの2万人を集めた土曜日は「立錐の余地なし」が決して飾り文句ではない活況を呈していた(新型コロナウイルスの脅威がまだ本格化する直前のこと。たったひと月半前なのに、もはや隔世の感あり)。しかも特筆すべきは、どの店舗も一様に「売れて」いたのだ。2日間での販売総数は1万126点。これは実行委員会の予想をはるかに上回る数字だったという。

 実際、店先に立ってみると、人々が確実に財布を開いているのがわかった。通りがかりや冷やかしでなく、みな「買う気」で来ているのが明らかなのだ。

 もとより出版不況という言葉はこの業界にあってそれ自体に麻痺してしまうほど耳にしない日はなく、しかも消費税増税後の経済の落ち込みが顕著な昨今である。いったい、これはどうしたことか。

「二子玉川 本屋博 2020」の会場を埋め尽くす人。まさに立錐の余地なし=撮影・筆者
拡大「二子玉川 本屋博 2020」の会場を埋め尽くす人。まさに立錐の余地なし=提供:「二子玉川 蔦屋家電」

ふだん書店に足を運ばない人も、本屋好きも

 〈本屋博〉の実行委員長である「二子玉川 蔦屋家電」の人文コンシェルジュ、北田博充さん(「ポスト2020。出版ジャーナリズムの新しい潮流」)によると、企画の意図は次のふたつだった。

 ひとつは「ふだん書店に足を運ばない人」を引き付けること。そのため書店〈内〉のイベントではなくオープンエアで行い、キッチンカーや音楽ライブなども併せて、必ずしも本好きでない人にもアピールしたかった。結果、二子玉川という場所柄のせいもあるかもしれないが、たしかに神田などで行われるブックフェアと趣きが明らかに違っていた。ひと言でいうと来場者の中核が「若者」だったのだ。

 そしてふたつ目は、いわゆる本好き、本屋ファンにはもっと本屋を知ってもらいたかったということ。そのためには「魅力的な本屋」を「一堂に集める」ことが必要だった。行きつけの本屋がひとつふたつあるのは、本好きにとってみれば当たり前かもしれないが、さすがに40もの本屋をいちどに目にする機会はそうはないだろう。

 ではその40の本屋を選んだ基準はなにか。それはなにより「人の魅力」だと北田さんはいう。すなわち店主の人柄がダイレクトに伝わってくる店、お客が店以前に店主のファンになってしまうような店。

 40の店舗といっても、その形態はまちまちだ。いわゆる「独立系」と呼ばれる書店、大手チェーン店、実店舗を持たずにwebサイトやイベントで活動する書店……けれども一様に言えるのはどの店主も今までにない「発信力」を持っていることだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大槻慎二

大槻慎二(おおつき・しんじ) 編集者、田畑書店社主

1961年、長野県生まれ。名古屋大学文学部仏文科卒。福武書店(現ベネッセコーポレーション)で文芸雑誌「海燕」や文芸書の編集に携わった後、朝日新聞社に入社。出版局(のち朝日新聞出版)にて、「一冊の本」、「小説トリッパー」、朝日文庫の編集長を務める。2011年に退社し、現在、田畑書店社主。大阪芸術大学、奈良大学で、出版・編集と創作の講座を持つ。フリーで書籍の企画・編集も手がける。