メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

シブがき隊、少年隊、そして光GENJIブーム

太田省一 社会学者

 1980年代に入り、たのきんトリオの登場によって復活したジャニーズ。その後も多くの人気アイドルを生み、男性アイドル界における一大勢力となっていく。1980年代のジャニーズの動向については前回すでに少しみたが、今回は改めてSMAPの誕生までの流れをたどってみたい。

テレビをホームにしたシブがき隊

 たのきんトリオに続いてデビューし、人気を集めたのが、同じ3人組のシブがき隊である。

 デビューの経緯も似ていた。シブがき隊は、『3年B組金八先生』と同じ枠で放送された学園ドラマ『2年B組仙八先生』(TBSテレビ系、1981年4月放送開始)への生徒役出演をきっかけに結成された。不良タイプの薬丸裕英、王子様タイプの本木雅弘、優しい感じの布川敏和という3人のバランスも、たのきんトリオを思わせる。

 1982年「NAI・NAI 16」で歌手デビュー。2曲目の「100%…SOかもね!」で同年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。このときはセンターのポジションが薬丸だったこともあり、彼らの楽曲には当時トレンドだったツッパリの要素を感じさせるものが少なくなかった。ただそうした場合にも「ジタバタ するなよ! 世紀末が来るぜ!」(「NAI・NAI 16」)のようなちょっとコミカルな風味のフレーズが散りばめられていて、そこが近藤真彦ともまた異なる個性になっていた。

 シブがき隊の同期には小泉今日子、中森明菜、松本伊代、堀ちえみ、早見優、石川秀美ら人気アイドル歌手も多く、「花の82年組」と呼ばれた。彼らの活躍の背景には、ジャニーズということ以外にそうしたアイドル全盛期の到来があった。

 それらアイドル歌手たちの人気を支えていたのが、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)や『ザ・ベストテン』(TBSテレビ系)などのテレビの音楽番組である。たのきんトリオや松田聖子から始まって、1980年代前半はテレビとアイドルの関係が一心同体と言えるほど密接になった時期だった。当然「花の82年組」の活動の主舞台もテレビであった。

 そのなかでシブがき隊は、すでに片鱗を見せていた薬丸裕英のMCの才や本木雅弘、布川敏和それぞれの個性もあり、『ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京系)のようなバラエティ色の強い番組などでも広く活躍した。その点でも、彼らは『たのきん全力投球!』(TBSテレビ系)などバラエティでも人気だったたのきんトリオの流れを継いでいた。シブがき隊は、テレビをホームグラウンドにした典型的なジャニーズアイドルだった。

本木雅弘さん拡大名優としても安定感を発揮する元シブがき隊の本木雅弘さん=2015年

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る