メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルスと「いだてん」から考える安倍首相の「フォーミー」

矢部万紀子 コラムニスト

 東京オリンピック2020が日に日に遠ざかっている。

 朝日新聞社が3月14、15日に行った全国世論調査でも、東京オリンピック・パラリンピックをどうしたらよいかという質問に「延期する」と答えた人が全体の63%で一番多かった。9%が「中止する」で「予定通り開催する」は23%。「どうすべきか」という問いではあるが、国民の大多数に「2020年の開催はない」という見立てというか、予測というか、諦念というか、そういうものがあるとみていいのだろうと思う。

 私もその1人だ。延期なのか中止なのかはわからないが、とにかく2020年の開催は実現しないのだろうと思う。とりたてて感じることはなかったのだが、鈴木典行さんという人を知り、少し変わった。鈴木さんは今、どんな気持ちでいるだろう。そう思うとつらい。

 鈴木さんを知ったのは、3月11日だった。宮城県石巻市の会社員で、聖火ランナーに選ばれた人だとテレビが紹介していた。市立大川小学校の6年生だった娘の真衣さんを津波で亡くしているという。真衣さんが11年の3月11日に忘れていったという名札の写真を持ち、これは一度も外に持ち出していないが、聖火ランナーとして走る日は胸に付ける。娘と一緒に走るのだ。そう語っていた。

 鈴木さんは、大川小で語り部の活動もしている。聖火ランナーの応募書類にも「子どもたちが犠牲になったことを忘れてほしくない。走ることで少しでも、世界に発信していきたい」と書いたことも紹介されていた。

 オリンピックに寄せる思い。それがひしひしと伝わってきた。そのニュースを見ながら、オリンピックの現実を思った。新型コロナウイルスの影響から、「中止」「延期」が現実味を増していた。それでも東日本大震災9年目にあたり、鈴木さんという聖火ランナーを紹介し、オリンピックへの思いを語ってもらうメディア。「矛盾じゃない、いや矛盾だ」。田畑政治の声が聞こえてきた。正確には田畑演じる阿部サダヲの声なのだが。

中村勘九郎(左)と阿部サダヲ=2018年10月26日、東京都渋谷区神南のNHK、村上健撮影拡大「いだてん」で金栗四三役の中村勘九郎(左)と田畑政治役の阿部サダヲ=撮影・村上健

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る