メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

俳句とはどういう詩なのか――川本皓嗣『俳諧の詩学』を読む

松本裕喜 編集者

 『俳諧の詩学』(川本皓嗣、岩波書店)という書名に少しひるむところがあったが(詩学とか韻律・音数律は難解なところがある)、人から薦められて読んでみた。

 冒頭に置かれた対話形式の「俳句の『意味』とは――序に代えて」がすばらしい導入部になっている。

 川本によれば、詩の特徴は表現の意外性と意味の不確定性だそうだ。たとえば『おくの細道』に出てくる芭蕉の句、

 田一枚植ゑて立ち去る柳かな

 で、田を植えているのは誰なのか、立ち去るのは誰なのか、すぐに判断がつくだろうか。

 田を植えているのは地元の早乙女で、西行ゆかりの遊行柳の下で懐旧に浸っていた芭蕉が思いを残しながら立ち去るとの解釈が定説のようだ。

遊行柳の碑栃木県那須町拡大遊行柳の碑=栃木県那須町

 しかし尾形仂(つとむ)は、謡曲『遊行柳』のワキ僧のように柳の精や西行の跡を訪ねてきた芭蕉が、せめてもの手向けにと早乙女たちと一緒に田を一枚植えて立ち去ったのだと解釈する。

 (川本は取り上げていないが)ほかに、柳の精が現れて田を植えて立ち去ったとする解釈もある。

 いずれの解釈もありうる。芭蕉もわざとそう仕向けている。俳句は片言だから意味がよくわからない、決められない、そういう表現の持つ面白さに芭蕉は賭けていたと川本はみる。そして俳句の妙味は、表現と解釈のあいだを行ったり来たりする往復運動(芭蕉の言葉で「行きて帰る」)にあるというのだ。

短詩型とは何か

 俳句や短歌は短詩型文学といわれる。西洋の詩は一般に長いものが多く、一番短い定型詩がソネット(14行詩)で、それ以下の作品はエピグラム(寸鉄詩)やリメリック(5行の定型詩)など風刺か軽妙の詩とみなされる。明治の初めに東京大学で教えたイギリスの日本研究家チェンバレンもはじめは俳句を「まじめ」なもの(まともな詩)とは考えなかったという。

 アメリカの詩人・小説家のポーは、一度に読み切れないほど長い詩は「真の詩的効果」を損なうので好ましくないと説き、詩のエッセンスは短詩のほうにあると指摘した。

 俳句のような短詩が片言で読者の関心をそそり、想像の翼を広げさせる例として、著者は20世紀フランスの詩人ジャン・コクトーの短詩「耳」を紹介する。

 私の耳は貝の殻
 海の響きをなつかしむ (堀口大学訳)

 この詩の意味するところは、貝殻は故郷の海辺を恋しがるはずだ、その貝殻にそっくりの私の耳も、海を愛し、海のざわめきを懐かしく思っている、と解釈できる。しかし川本は、この詩の語り手は、自分の奥でざわざわする耳鳴りを懐かしい潮騒と聞きそれを懐かしんでいるのではないかと想像する。

 このように何通りもの解釈が生まれるのが短詩である。短詩、なかでも俳句は、テクスト(もともとの俳句)とそれを読み取る読者との共同作業で生み出される。俳句の作者の仕事は、17字のなかに何かを「述べる」、あるいは「いひおほせる(語りつくす)」ことではなく、読み手を「夢見させる」ための言葉の装置を組み上げることにあると川本はいう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松本裕喜

松本裕喜(まつもと・ひろき) 編集者

1949年、愛媛県生まれ。40年間勤務した三省堂では、『日本の建築明治大正昭和』(全10巻)、『都市のジャーナリズム』シリーズ、『江戸東京学事典』、『戦後史大事典』、『民間学事典』、『哲学大図鑑』、『心理学大図鑑』、『一語の辞典』シリーズ、『三省堂名歌名句辞典』などを編集。現在、俳句雑誌『艸』編集長。本を読むのが遅いのが、弱点。