メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナに直撃されたブロードウェイ

全公演中止、ニューヨーク劇場街の灯が消えた

高橋友紀子 演劇ライター

人気作が50ドルに、喜んだのもつかの間

拡大『ウエスト・サイド・ストーリー』のリバイバル公演をしていたブロードウェイ劇場。2月に開幕したばかりで、斬新な演出が話題を集めていたが、いまは人影もない

 振り返れば、2月の終わりからの1カ月間で、ニューヨークは劇的に変化した。

 日本政府が大規模イベント自粛の要請を出した2月26日、ニューヨーク州ではまだ新型コロナウイルスの感染者は報告されていなかった。

 初の感染者が報告されたのは3月1日。イランへの渡航歴のある30代の女性である。その2日後、ニューヨーク市郊外に住む50代の男性の感染が判明、マンハッタン勤務であったことと、家族と隣人も感染し、学校や教会が閉鎖されたことからニューヨーカーの懸念は一気に高まった。

 スーパーマーケットの大手チェーン、トレーダー・ジョーズに行った友人から「パスタの棚が空っぽで、補充してもすぐなくなるとお店の人がこぼしていた」という話を聞いたのは、まさにこの頃だった。

 3月7日、ニューヨーク州の感染者数は76人、市内は11人へと増加。クオモ知事は非常事態宣言を発令。その後、感染者数は加速度的に膨らんでいく。

・・・ログインして読む
(残り:約4330文字/本文:約5890文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋友紀子

高橋友紀子(たかはし・ゆきこ) 演劇ライター

神戸市生まれ。ニューヨーク在住。大阪大学文学部で演劇学を専攻後、ニューヨーク大学で舞台芸術経営を学ぶ。舞台芸術の日米交流に携わり、四半世紀にわたりオン&オフ・ブロードウェイの舞台を鑑賞。日系情報紙「よみタイム」に劇評を連載中。

高橋友紀子の記事

もっと見る