メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

SMAPの登場、そのブレークへの道のり

太田省一 社会学者

 前回は、たのきんトリオ以降の1980年代ジャニーズとして、シブがき隊、少年隊、そして光GENJIについて述べた。その流れのなかで、男性アイドルの歴史を塗り替えることになるSMAPが登場する。今回は、そのSMAPの結成からブレークまでを振り返ってみたい。

男性アイドルの歴史を塗り替え拡大SMAPは男性アイドルの歴史を塗り替えた

スケートボーイズからSMAPへ

 先輩グループのバックダンサーを務めながら経験を積み、ファンからも存在を認知されていくジャニーズJr.の仕組みについては改めて繰り返すまでもないだろう。そして光GENJIのバックで踊るJr.のなかには、2つのグループがあった。平家派とスケートボーイズである。

 平家派には城島茂(TOKIO)や坂本昌行(V6)など現在もジャニーズで活躍するメンバー、また後に俳優・反町隆史として有名になる野口隆史も所属していた。ただこれもジャニーズの通例として、メンバー編成は固定されず流動的だった。その点はスケートボーイズも同様で、国分太一(TOKIO)などはスケートボーイズだけでなく、平家派のメンバーだった時期もあった。

 だがそのうちスケートボーイズは、12人でアイドル雑誌などに登場するようになる。そうした際に使われていたのが、「SMAP時代のスケートボーイズ」というフレーズだった。

 「SMAP」とは、「Sports Music Assemble People」の頭文字を並べたもの。「スポーツと音楽が人びとを結びつける」とも「スポーツと音楽で集う人びと」ともとれるが、いずれにしても光GENJIのローラースケートパフォーマンスを念頭に、“スポーツと音楽の融合”を次世代に継承しようという意図がうかがえる。

 そして1988年、その「SMAP」をグループ名に冠したグループが結成される。メンバーはスケートボーイズとして活動していた中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾の6人。1972年生まれの中居と木村が高校1年生、稲垣と森が中学3年生、草彅が中学2年生、そして香取慎吾は小学6年生だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る