メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

巧みに利用された善意の社会運動

 「研修」136号、1959年10月号の巻頭には、「ネリカンブルースの波紋」と題する10ページにもおよぶ論考が寄せられている。筆者は有坂愛彦。当時の肩書きは「音楽評論家、文化放送企画局長」。なお同号には、「刑事事件についての検察及び裁判の運用」「少年調査うら話」「執行事務規定解説」などの寄稿がならび、同誌が権力中枢に近いことが容易に推察される。有坂は「練鑑ブルース」の危うさをこう指摘

・・・ログインして読む
(残り:約6247文字/本文:約7390文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る