メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

彼らは新型コロナ緊急事態宣言下でもなぜ自粛をしないのか

見えてきた「日本独り負け」という悲しい未来

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年4月8日0時に緊急事態宣言の効力が発生しました。ですが、その後も感染確認者数(※実際の感染者数は不明)は増加の一途をたどっています。一方で、中国、韓国、ニュージーランド等ではすでにピークを脱し、再燃に気を配りながら軟着陸を図る段階に移行しているようです。

 では、いったい日本のコロナ禍が完全に終息するのはいつ頃になるのでしょうか? 主要国の中でも感染が拡大した時期が遅いため、当然終息の時期も遅くなるだろうという予測もあります。ですが、私はそれよりもさらに何カ月も遅くなり、「超長期化」「世界最長化」という懸念をもたざるを得ないのです。

 ヤマ場(下降局面が見える段階)はなかなか訪れず、三菱スペースジェット(リージョナル旅客機)の納入が何度も延期されているように、政治家たちは「今が極めて重要な時期」のような発言を延々と繰り返す。世界各国が経済回復のギアを上げ始めた段階に入っても、日本だけがまだ終息させられず、各国からの渡航も制限されたままで、「独り負け」の状況がだらだらと続いてしまう未来が来るのではないかという不安をかなり強く感じています。

緊急事態宣言が出て最初の週明けも通勤する人が目立った東京・新宿=2020年4月13日拡大緊急事態宣言が出て最初の週明けの朝、東京・新宿=2020年4月13日

政策が中途半端では自粛しない人が出て来る

 その要因の一つと思うのは、言わずもがな、安倍政権の新型コロナ対策が遅くて規模が小さく、全てにおいて「中途半端」な点です。

 安倍首相は4月7日の会見で「PCR検査体制を1日2万件へ倍増」等、様々な数値目標をようやく盛り込みました。ですが、都市封鎖や外出制限を行わずとも大量検査やIT駆使、徹底したディスクロージャーで乗り切った韓国型を目指すわけでもなく、公衆衛生の王道とされる徹底的な移動制限によって乗り切ろうとする欧米型を目指すわけでもなく、中途半端だと言わざるを得ません。

 それゆえ、緊急事態宣言が発令された後の今でも、人々の行動制限が徹底されていません。宣言翌日にはTwitterで「電車普通(に混んでる)」がトレンドワードに入り、飲み会をしている人もまだいます。街中ではマスク無しで会話する老若男女があちこちにいますし、屋外の喫煙所では人が群がっていました。週末も商店街は人通りが絶えず、依然として営業を続けるパチンコ店には開店前に客が列をなしている状態です。

 私のところには4月9日に「電気を弊社に切り替えませんか?」という営業の電話もかかってきました。「緊急事態宣言が出ているのに電話営業の仕事をしに会社に来いって言われているのですか? 従業員や社会の様々な人を危険に晒す経営判断は慎むように上に言ってください」と伝えましたが、今もなお不急の仕事で従業員を会社に呼びつける上役たちが少なからずいるようです。

 実際、宣言前後の7日と8日の人口増減状況を比較調査したNTTドコモの調査では、減少はしたものの、依然としておよそ60%~90%の人出があったと報告されています。厚生労働省クラスター対策班の西浦博氏も、人との接触を8割減らせば感染者の数が減るまで1カ月間、65パーセントだったら105日という数値を出しているようですが、そこからはほど遠い状況であり、コロナ対策で日本が「残業」するのはほぼ確実でしょう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る