メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

新型コロナ対策で役所から私に届いたクレジットカード

韓国の緊急災難政策はまあまあ理にかなっている

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

 はや4月も半ば。新型コロナの影響で、韓国でも公演は全て中止や延期……えらい事である。

 大学の講義はというと、オンラインで授業したり、SNSを使って動画配信したり出席をとったりしている。

 小学生になるうちの子たちも、平日はオンラインで授業している。

 韓国ではコロナによる自粛生活が2月から始まっているから、まる2か月、主に家の中。

 なんかこんな生活にも、慣れて来たせいか、友達とは「これからは学校に必ず行かないといけない、という概念が変わるかもね」と、言い合ったりしている。

 私の住んでいる地域は、ソウルのすぐ隣の都市、イルサンという新都市。

 こちらでは、新型コロナによる緊急災難支援金の配布が今月初めから始まった。国家からの支援は5月らしいが、京畿道と市から別々に支給してもらった。

 京畿道からの支援金は、一人当たり10万ウォン(約8850円)が僕のクレジットカードに、市からの支援金は一人当たり5万ウォン(4450円)をクレジットカードにして配られた。

拡大市から届いた5万ウォンカード

 そのカード、なんと住んでいる道や市内の一部の大型スーパー、デパート、チェーン店では使えず、それ以外の小型商店や食堂でのみ決済できるシステム。

 日本と違い、スピードで決めていく韓国の緊急災難政策にしては、まあまあ、理にかなっているやり方である。

 勿論まだまだ、改善の余地はある。例えば、うちの妻は在韓日本人なので、この支援金は出ない。一緒の税金を払っているのだから、フェアではない。

 けど、今までの行政の動きを見ていると、後々改善されるだろうと思ってもいる。やはり、マイノリティーはこういう時に、必ず後回しにされるので、少し時間がかかるのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る