メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

期待の小説家・早助よう子『ジョン』の、ささやかでたしかな達成

私家版で出版した初の作品集が話題に

渡部朝香 出版社社員

 2019年の夏に発売されて以来、静かに熱い注目を集めている本がある。

 小説家・早助(はやすけ)よう子の初の著書、『ジョン』

 文芸誌などに掲載された7篇と書き下ろし2篇で構成された、短編小説集だ。

早助(はやすけ)よう子の初の著書、『ジョン』拡大早助よう子『ジョン』=筆者提供
 反響がひそやかなのには理由がある。編集から営業まで早助さんが自分で手がけた私家版のため、取り扱っている書店が限られてしまうのだ。

 だが、目利きの書店員たちは、この本を放っておかなかった。品揃えで名を知られるいくつもの書店が、SNSやウェブサイトで『ジョン』を仕入れたことを報告し、その魅力を言葉にした。

 10月には、書評家・ライターの倉本さおりさんが『文藝』の連載で早助作品のユニークさを力説。本書はさらに関心を呼ぶ。

 「ああっ、もう早く実物を手にとってページをめくってほしい。そこに並んだ文字列の奔放すぎる跳躍力と、着地点でふっとたちのぼるイメージのなまなましさに翻弄されるから」(『文藝』2019年冬号「はばたけ!くらもと偏愛編集室」第3回)

 そして、今年の2月には、40の書店が集まって開催された「二子玉川 本屋博」の一環として、倉本さんと書店員による「早助よう子作品の魅力を語る」というイベントが開催されるまでに至った。

早助よう子大好き書店員

 イベントに登壇したのは、倉本さおりさんのほか、toi booksの磯上竜也さん、三省堂書店成城店の大塚真祐子さん、BOOKS青いカバの小国貴司さんの3人。 

『monkey business』2011年冬号(ヴィレッジブックス)拡大デビュー作「ジョン」が掲載された『monkey business』2011年冬号(ヴィレッジブックス)=筆者提供
 磯上さんは、書名となったデビュー作「ジョン」が、『monkey business』2011年冬号(ヴィレッジブックス)に掲載されたときからの、筋金入りの早助よう子ファンだ。長年、早助作品の書籍化を待望していたところに、H.A.Bのツイートで『ジョン』の刊行を知り、すぐに問い合わせて店に置いた。

 『本の雑誌』に「新刊めったくたガイド」の連載を持ち、文芸誌にも目配りしている大塚さんは、2016年、『文藝』(春季号)に「おおかみ」という作品が掲載された際に、早助よう子の名に目を留めた。似たものがない作風に、どういうルーツで小説を書くことにたどり着いた作家なのだろうと不思議な魅力を覚えたという。

 小国さんと早助作品との出会いは、新しい。小国さんが不在の折に、早助さんが青いカバへ営業に行き、手紙と見本を置いていった。自作の本を店で扱ってほしいという相談は頻繁にあり、すべてに目を通すことは困難だ。でも、『ジョン』は本として、私家版とは思えぬクオリティだった。「手にして、まず自分が読みたいと思いました。読んでみて、これは売りたいと思いました。幸福なかたちの本との出会いでした」。『ジョン』を応援する小国さんは、「早助よう子さん栗原康さんと、公園で『ジョン』をよむ」という野外読書会も企画した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

渡部朝香

渡部朝香(わたなべ・ともか) 出版社社員

1973年、神奈川県生まれ。1996年に現在の勤務先の出版社に入社し、書店営業、編集、営業(内勤事務)を経て、2014年夏より単行本の編集部の所属に。担当した本は、祖父江慎ブックデザイン『心』、栗原康『村に火をつけ、白痴になれ』、石内都『フリーダ 愛と痛み』、ブレイディみかこ『ヨーロッパ・コーリング』、福嶋伸洋『リオデジャネイロに降る雪』、佐藤正明『まんが政治vs.政治まんが』、赤坂憲雄『性食考』など。