メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

芸術を殺すのはウイルスではない。「検閲」だ

「ひろしまトリエンナーレ」中止をめぐって

野田邦弘 鳥取大学特命教授(文化政策、創造都市論)

瀬戸内海広域アートゾーンの期待が頓挫

 広島県がこの秋、県南東部の3都市(尾道市、福山市、三原市)と共同で開催する予定だった芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO(ひろトリ)」の中止が決まった。その問題点を考えてみる。

 開催準備が進められてきた「ひろトリ」は、2020年9月12日から11月15日までの会期で、ひろしまトリエンナーレ実行委員会(会長:広島県知事湯崎英彦、副会長:開催3市の市長)が主催、総合ディレクターを中尾浩治氏が務める予定だった。

 本展に先立ち2019年にはプレイベントとして尾道の離島百島の空きスペースを使ったアーティスト・イン・レジデンス「ART BASE 百島」など6本の事業が開催された。

 瀬戸内海東部では2010年から、離島を中心に瀬戸内国際芸術祭が開催されており、地域へ与えるプラスの効果について高い評価を得ている。これに加え、「ひろトリ」が始まれば、瀬戸内国際芸術祭と連担した瀬戸内海一帯の広域がアートゾーンとなる期待が生まれた。

拡大東京・銀座で「ひろしまトリエンナーレ2020」の企画を発表した実行委員会会長の湯崎英彦知事(左)と総合ディレクターの中尾浩治氏=2019年10月9日

 総合ディレクターに就任した中尾氏は、尾道出身で医療機器メーカー・テルモの元会長であると同時に合同会社アート・マネジメント・しまなみ代表である。現代アートにも造詣が深く作品のコレクターでもある(参考:「次世代に届けるアートの価値」 元テルモ株式会社 会長 中尾浩治)。

 開催を待ち望まれた「ひろトリ」だが、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、収束の見通しが立たない」ため中止することが4月10日の実行委員会で決定・発表された。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野田邦弘

野田邦弘(のだ・くにひろ) 鳥取大学特命教授(文化政策、創造都市論)

2004年まで横浜市職員として「クリエイティブシティ・ヨコハマ」の策定や「横浜トリエンナーレ2005」など文化行政に携わる。主な著書に『文化政策の展開』、『創造都市横浜の戦略』、『文化行政−はじまり・いま・みらい』、『イベント創造の時代~自治体と市民によるアートマネジメント』、共著に『地域学入門』、『創造都市への展望』など。 近く『アートがひらく地域のこれから―クリエイティビティを生かす社会へ』(共著)が刊行される。鳥取の中心市街地でアートプロジェクト「ホスピテイル」に取り組む。

野田邦弘の記事

もっと見る