メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

小池百合子都知事が目立ちに目立つ。その「痛し痒し」について

矢部万紀子 コラムニスト

 ダメだ、30分も費やしたのに、「密ですゲーム」のレベルがCから上がらない。小池百合子東京都知事の声で「おうちにいてください」とゲームオーバーが告げられる。レベルAになったら、何と言ってもらえるのだろう。

 普段はゲームの世界と縁のない私にさえ「密ですゲーム」を知らせてくれる人がいて、気づけばこうして遊んでいる。どんな大ヒットやねん。関西弁になるほどの事態だ。

 ネットニュースに制作者のインタビューが載っていたので、読んだ。群青ちきんさんという学生さんだった。新型コロナウイルスの影響で最終日となったアルバイトの帰り道、ゲームを思いついたそうだ。4日で作り、ツイッターに投稿したら、25万回以上再生された。「まさかここまで拡がってしまうとは……。インターネットは怖いですね」と戸惑い気味の群青さん。一方の小池知事は、「ここで私が『密』と言ったら、ゲームができてしまった」と囲み取材で語ったそうだ。こちらもネットニュースの報道だが、意気軒昂である。

マスクの柄も話題に拡大小池百合子東京都知事はゲームにもなり、マスクの柄も話題に

 そんなわけで、日に日に小池都知事の存在感が高まっている今日この頃だ。安倍晋三首相が自責点を重ねているから、ますます目立つ。余りにも対照的なのだ。

 小さいアベノマスクを一人付け、配ってみたら異物混入で回収になる安倍首相。毎日違う柄の布マスクを付けて、作り方までネットに上がる小池知事。星野源さんの動画にタダ乗りし、くつろぐだけの安倍首相。ヒカキンTVに出演し、買い溜めの心配はいらないと訴える小池知事。例えが古くて申し訳ないが、「やっぱり小池さんに1000点だよなー」と思ってしまう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る