メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「コロナ風俗嬢」発言の岡村隆史氏に、正しい“謝罪”と責任を取る機会を

望まぬセックスワーカー問題の解決の旗振り役になって欲しい

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 お笑い芸人の岡村隆史氏が、ラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(2020年4月23日放送)で、以下のような発言をし、大きな批判が起こりました。

 「コロナが収束したら、もの凄く絶対おもしろいことある(中略)苦しい状態がずっと続きますから(中略)美人さんがお嬢やります(中略)稼がないと苦しいですから(中略)だから今、我慢しましょう」

 まるで女性の貧困化を期待し、望まずしてセックスワーカーになった女性への性的搾取を扇動するような発言であり、批判が殺到したのは当然です。この発言の何が問題かは、藤田孝典氏をはじめ、多くの論者が適切な批判を加えているため、ここでは岡村氏の「謝罪」と「責任」について指摘をしたいと思います。

「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」拡大「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の公式サイトより

「謝ること」と「謝罪」は似て非なるもの

 確かに、岡村氏は4月30日深夜の番組で時間をかけて反省を述べており、誠意を見せようという意図は伝わりました。ですが、「不快感を与えて申し訳ございません」「失礼な発言でした」というありがちな言葉が目立ちます。残念ながら、これでは「謝罪」とは言えません。

 たとえば、人から殴られた時、「あなたに痛みを与えたことについて心からお詫びします」と謝られたら、違和感を覚えないでしょうか? 「痛み云々の前に、殴ったこと自体を謝ってほしい」と思う人も多いはずです。

 謝罪とは文字通り、己の罪を謝ることであり、この例での罪はもちろん「殴った」という行為です。痛みを感じなくとも、恐怖を感じることもあるのですから、行為自体を問題視しなければなりません。

 ところが、上記のような謝り方は、殴ったという自身の罪には言及していません。ですので、形式上謝ってはいるものの、謝罪になっていないのです。3年半前の記事でも紹介した「Non-apology apology」の典型です。


全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る