メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

バクパイプは 他人に聴かせるためにやっているのか

国内唯一人の「職業奏者」がコロナ自粛の渦中で考えた「音楽の本質」【上】

加藤健二郎 バグパイプ奏者

戦場ジャーナリストからバグパイプ奏者へ

バグパイプ演奏の正装をした筆者。職業としている奏者は日本では一人だけだと思われる拡大バグパイプ演奏の正装をした筆者。職業としている奏者は日本では一人だけだと思われる
 音楽業界は、新型コロナウイルス対策のための自粛の風を真正面から受けたが、私のバグパイプ奏者としての活動は、当初はそれほど大きな影響は受けないまま2020年4月を迎えた。影響が少なかった理由は、活動の中心をイベント等での本番演奏から、音楽スクールでのバグパイプ・レッスンに移行して4年目になり、すでに軌道に乗っていたためである。

 しかし4月上旬、政府の緊急事態宣言が出されると、状況は一変した。

戦場ジャーナリスト時代の筆者。1988年、中米ニカラグア・サンディニスタ政権のジャングル専門戦闘部隊と拡大戦場ジャーナリスト時代の筆者。1988年、中米ニカラグア・サンディニスタ政権のジャングル専門戦闘部隊と
 私は、総合建設会社に土木技術者として勤めた後、15年余りの戦場ジャーナリストを経て、人生後半戦の43歳でバグパイプの道を選んだ。日本では、バグパイプは名前をよく知られてはいるものの、演奏できる人は全国で70~80人しかいない、マイナーな楽器だ。職業としている奏者は、私だけだと思われる。

 コロナ禍で日々進む事態は、スコットランドで600年以上の歴史を持つバグパイプの文化や伝統の継承について、改めて自覚する契機になっている。16年間の演奏家経験を基に、日本ならではのバグパイプ文化へのアプローチや、音楽の本質について、考えてみたいと思う。

レッスンの場を奪われ、教え子は続けられるだろうか

 緊急事態宣言を受けて、私が講座を持つ東京都内の音楽スクールは、全体が休校となってしまった。

 楽器を購入し、ある程度まで演奏できる段階に達していた生徒さんが9人、まだ購入していない人が10人以上おられる。せっかく2~3曲をマスターした人たちが、途中で辞めてしまうことになると、「もったいないな」と、まず感じた。

 毎週ほぼ欠かさずレッスンを続けていた人にとっても、バグパイプなんて、しょせんは趣味。レッスンの場が無くなってまで、孤独な個人練習を続けられるだろうか……。

臨時休業を伝える貼り紙をした店が目立つ繁華街=2020年4月10日、東京都内拡大臨時休業を伝える貼り紙をした店が目立つ繁華街=2020年4月10日、東京都内
 バグパイプは大音量なので、防音ルームやスタジオなど、練習場所を各自で見つけなければならなくなる。レッスンの場がなくなり、本番のイベントで演奏するという目標も持てない状態で、続けられる人はどれほどいるだろうか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

加藤健二郎

加藤健二郎(かとう・けんじろう) バグパイプ奏者

1961年兵庫県尼崎市生まれ、東京、横浜育ち。早稲田大学理工学部卒。東亜建設工業に土木技術者として勤務した後、15年間の戦場ジャーナリストを経て、日本人初の職業バグパイプ奏者となる。ロック・フェスティバル「サマーソニック」に5年連続出演。ボーカルグループ「GReeeeN」のアルバムに参加。大場久美子バンドやサントリーのCMなどにも演奏で関わる。2017年からバグパイプレッスンを開講。著書は『女性兵士』(講談社文庫)、『戦場の現在―戦闘地域の最前線をゆく』(集英社新書)、『戦場へのパスポート』(ジャパンミリタリーレビュー)、『35ミリ最前線を行く』(光人社)、『密着報告自衛隊―戦闘部隊としての行動と実力』(ぶんか社)など11冊。HPは「東長崎機関」。 twitter: @katokenjiro  FB:https://www.facebook.com/kenjiro.kato.18

加藤健二郎の記事

もっと見る